二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

有吉弘行×夏目三久の電撃発表も…芸能人の結婚報道ガラリ、発信元はタレント本人へ

公開日: 更新日:

 今年の「10大ニュース」などが発表される季節だ。新型コロナを筆頭に菅氏から岸田政権にバトンタッチされた政界のゴタゴタ、災害から事件まで関心事はいくつもあった。芸能界に目を向けると、昨年は嵐の活動休止が話題を独占したが、今年はニュースを探すのに苦労する。

 昔は芸能リポーターらが1年を総括する座談会が恒例で、ネタは豊富だった。週刊誌デスクの話。

「昔はニュースの一方は週刊誌を主体にしたメディアが発信元になり、後追いも多かった。年末になると改めて舞台裏を明かした。今は芸能人から発表してニュースは終わり。後追いもほとんどなく、裏話もないのが現状」

 華やかだった芸能ニュースはすでに消えつつあるなか、今年、もっとも多かったのが結婚だ。とりわけ人気者同士の結婚が目を引いた。4月の有吉弘行夏目三久を皮切りに5月、星野源新垣結衣。7月は林遣都大島優子が電撃結婚。9月には嵐の桜井翔と相葉雅紀がいずれも一般女性との結婚を同時に発表して世間を驚かせた。11月には熱愛が伝えられていた菅田将暉小松菜奈が結婚。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記