松崎しげるさん2001年にモンゴルで落馬事故 「コルセット姿の西やんが面会謝絶の病室に…」

公開日: 更新日:

松崎しげるさん(歌手・72歳)

 歌手・俳優と多彩な活動を続ける松崎しげるさん。褐色の肌でいつも元気なイメージだが、20年前には生死をさまよう大事故を体験。秘蔵写真は親友の西田敏行さんとの病室でのスナップ。自分の人生で一番大きな出来事だったという落馬事故からの入院生活を語る。

 2001年の8月後半にモンゴルで落馬事故を起こして、その2カ月後の写真です。ベッドから立つこともできず、写真のようにつかまって腕の力を借りないと体を起こせない状態でした。

 どうしても歩きたくて看護師さんに止められても自力で歩行器に乗ろうとしたことも。報道では「松崎しげる再起不能」とまで書かれましたねえ。

 事故はモンゴルでのロケの最終日。馬に乗った僕が夕日に向かって草原を走るシーンで、馬が暴走してしまった。乗馬には自信があったけど、モンゴルの馬は世界でもっとも強い馬。突然暴れ出したら手綱を引いてもまったく止まらず、急激に止まった瞬間にパチンコ玉のように体が吹き飛ばされ、2回転くらいして地面に叩き付けられました。

 そこから30分は記憶がない。尾骨から3つある羽のような硬い骨が全部割れて、首も大ケガ。モンゴルの病院に運ばれて手当てしてもらえましたが、日本への直行便がすぐにはなくて。唯一の日本人看護師さんが「ここにいても疫病がうつるから」とホテルに戻るしかなかった。

 僕は背中をまっすぐに固定してピクリとも動けない。帰国までの3日間、申し訳なかったのはホテルでシモの世話をマネジャーにやってもらったこと。尿瓶がないからコーラの大きいサイズのペットボトルの上部を切って尿瓶代わりに。マネジャーにすまない気持ちと自分に情けない気持ちでいっぱいでした。

翌年には松葉杖をつきながらショーを

 日本に戻り、病室のベッドでテレビだけ見る生活。翌月、ニューヨークの同時多発テロが起きて多くの人が亡くなる国際的な大事件になっていくさまを見て、「俺は俺で九死に一生を得たんだな……」とつくづく思わされました。

 関西国際空港から近い病院から東京の病院に移り、部屋が事故を起こした骨折患者が多く、入院している5階で安静にしていました。重傷だし僕もこんな自分を見られたくなかったから「面会謝絶」だったんですよ。

 でも、ある日、西やん(西田敏行)がフラッと僕の部屋に入ってきて。

「松っちゃん、元気?」と。

 僕はビックリしちゃって「ど、どうしたの!?」と尋ねると、「だれにも言ってないんだけど、実は俺、これから頚椎の手術」と。

 偶然、同じ病院だったんですよ。西やんの頚椎は内密だけど、西やんは僕のニュースを見て訪ねてくれた。

「面会謝絶だよ!」と僕が言うと、あの笑顔といつもの調子で「そんなこと言うなよ~」と。西やんとの付き合いは古くて本当に親友。写真にあるように首にコルセットを巻いてる状態なのに、僕の病室まで駆けつけてくれた。ちゃんと歩けるようになるのか、芸能界に復帰できるのかと一番不安な時だったから、すごくうれしかった。友という存在に勇気をもらえたね!

 彼はフロアのナースステーションで僕の部屋を聞いたらしい。彼が帰るとナースが部屋に来るたび「西田敏行さんがいらっしゃいましたね!」と大騒ぎ(笑い)。「やっぱり親友なんですね!」とか。

 自分は手術前なのに2回ほど来てくれて、2人で傷をなめ合ってました、ハハハ。西やんの手術も成功し、僕も退院して少しずつリハビリが進むと、2人でよくベロベロになるまで飲んでたな(笑い)。僕も西やんもすごく忙しい時期での入院だったから、「もっとゆっくり進めよ」と言われてるんだとプラス思考でとらえるようにしました。

 僕は撮影の他にディナーショーをたくさんやっていた頃だから周りにもすごく迷惑をかけた。でも、テレビで小倉智昭さんが「松崎さんは車椅子でも歌う人だから大丈夫、大丈夫」と言ってくれたのを見て、僕はその言葉に勇気をもらい、「俺はそれでもいいんだ!」と翌年には松葉杖をつきながらショーを行いましたよ。

 家族にも迷惑をかけました。結婚して4年後で2人目が生まれたばかりだったから、女房は大変だったし、将来のことも不安だったと思います。

 いまだに後遺症で、拾い物をする時には膝を曲げないとできない。かがんで拾えないんです。ゴルフは打てるけど、ティーアップができない(笑い)。一緒に回る若い人は「やっぱり70すぎのジジイだな」と思ってるんじゃないかな。20年前の事故を知らないからね。

 思い出の写真はたくさんあるけど、人生最大の出来事だった時の西やんとの一枚が秘蔵写真。この写真を見ると「頑張ろう」と気持ちが入るし、西やんのあの時のコミカルな感じを思い出してほほ笑んでしまいます。 (聞き手=松野大介)

▽松崎しげる(まつざき・しげる) 1949年11月、東京都生まれ。70年にソロ歌手としてデビュー。77年に「愛のメモリー」が大ヒット。今年は松崎しげる主催のフェス「黒フェス2021~白黒歌合戦~」で、ももいろクローバーZとの共演が話題に。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ