上白石萌音は大仕事続々で過労を心配する声…プライベートは「恋つづ」とはいかず?

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で1人目のヒロインを熱演している上白石萌音(23)に多忙ぶりを心配する声が上がっている。民放連ドラや舞台の主演だけでなく、朝ドラや大河、紅白歌合戦とNHKの看板番組を総なめに。「新・国民的女優」になりつつある勢いだが、大仕事が続きすぎなのだ。

「上白石は『カムカム──』で3世代ヒロインの1人目を演じています。『ラジオ英語講座』と共に、昭和から令和にかけて生きた家族の物語を描く内容で、その演技力で評価を高めています。一方で最近、次々と大きな仕事が発表され、過労も懸念されています」(ワイドショーデスク)

 2020年1月期のTBS系「恋はつづくよどこまでも」、今年1月期の同「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で立て続けに連ドラに主演し、愛嬌があり親しみやすい等身大キャラでブレーク。今年2月開始のNHK大河ドラマ「青天を衝け」にも出演したばかりか、歌手として大みそかの「NHK紅白歌合戦」初出場も決めるなど大車輪の活躍だ。

「さらに来年2月から上演される大ヒットアニメの舞台版『千と千尋の神隠し』では橋本環奈とダブル主演。今月15日には、新海誠監督の来秋公開アニメ映画『すずめの戸締まり』の製作発表会見に登壇し、未定のヒロイン役に色気をみせたから、決まる可能性もある。明るく前向きでプロ意識が高いですから、笑顔で仕事をこなすでしょうけど、こうもプレッシャーが強い大役ばかりだと、体調を崩さないか気になります」(スポーツ紙芸能デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変