「バイキング」「Nキャス」終了で芸能プロのTV局詣で激化 まさかの“タモリ復帰待望論”も!

公開日: 更新日:

 今週、立て続けに世間を騒がせた坂上忍(54)の「バイキングMORE」(フジテレビ系)終了と、ビートたけし(74)の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)降板のニュース。

 坂上は8年という番組に区切りをつけ、「動物保護活動」に注力したいと語り、たけしも、そろそろ負担のかかる仕事をセーブして「映画だったり、小説だったり、自分が本当にやりたいことにきちんと時間と精力を注いでいかないと」として、表向きは、双方とも自身の申し出による降板という形になっている。

 しかし、いずれにせよ、両番組は現実的に来春3月で終了となるだけに、テレビマンの間では、後継番組や後任のキャスティングを巡る話題でもちきりだ。

■芸能プロが後任狙いでTV局詣で

「『Nキャス』についてはTBSが、番組は継続し、同局の安住紳一郎アナは続投、たけしの後任については調整中と答えています。『バイキング』は、番組終了ですから、内容も出演者も大きく変わるはず。すでに芸能プロが“赤坂詣で”“お台場詣で”を始めているようです」(スポーツ紙芸能担当記者)

「バイキング」は平日の午後、約3時間にわたる大型の帯番組、一方「Nキャス」は、1991年から17年半続いた前身番組の「ブロードキャスター」も含めれば、30年近く続く看板情報番組だけに、ポッカリあくその穴をどう埋めるのか、注目度はいやが上にでも高まる。芸能プロにとっては、突如あいたおいしい枠を巡り、椅子取りゲームのゴングが鳴ったというわけだ。さるテレビ局関係者はこう話す。

齋藤孝教授では荷が重い?

「『バイキング』の後継番組に関しては、“タモリ復帰待望論”などもあり、タモリサイドに打診をして断られたという話もあるが、現実味は乏しいでしょう。さらに中居正広サンドウィッチマンなどの名前も飛び交っている。内容は、現在のニューストークバラエティーではなく、TBSの『ラヴィット!』と日テレの『ヒルナンデス!』を足して2で割ったようなお笑い生活情報番組になるようだ。いずれにせよ、進行の要として、同局の伊藤利尋アナは残留とみられている」

 一方、「Nキャス」の方はどうか。

「1週間のニュースをまとめて見せる基本スタイルは変わらないようだが、安住アナとの相性もあるので、こちらのほうが後任選びは難しいとみられている。安住アナの大学時代の恩師で、すでに同番組にコメンテーターとして出演している齋藤孝教授を推す声もあるようだが、たけしの後任は荷が重いのでは」(前出のテレビ局関係者)

 春の改編期までリミットは3カ月。正式発表までさまざまな噂や臆測はやみそうにない。 

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今