「バイキング」「Nキャス」終了で芸能プロのTV局詣で激化 まさかの“タモリ復帰待望論”も!

公開日: 更新日:

 今週、立て続けに世間を騒がせた坂上忍(54)の「バイキングMORE」(フジテレビ系)終了と、ビートたけし(74)の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)降板のニュース。

 坂上は8年という番組に区切りをつけ、「動物保護活動」に注力したいと語り、たけしも、そろそろ負担のかかる仕事をセーブして「映画だったり、小説だったり、自分が本当にやりたいことにきちんと時間と精力を注いでいかないと」として、表向きは、双方とも自身の申し出による降板という形になっている。

 しかし、いずれにせよ、両番組は現実的に来春3月で終了となるだけに、テレビマンの間では、後継番組や後任のキャスティングを巡る話題でもちきりだ。

■芸能プロが後任狙いでTV局詣で

「『Nキャス』についてはTBSが、番組は継続し、同局の安住紳一郎アナは続投、たけしの後任については調整中と答えています。『バイキング』は、番組終了ですから、内容も出演者も大きく変わるはず。すでに芸能プロが“赤坂詣で”“お台場詣で”を始めているようです」(スポーツ紙芸能担当記者)

「バイキング」は平日の午後、約3時間にわたる大型の帯番組、一方「Nキャス」は、1991年から17年半続いた前身番組の「ブロードキャスター」も含めれば、30年近く続く看板情報番組だけに、ポッカリあくその穴をどう埋めるのか、注目度はいやが上にでも高まる。芸能プロにとっては、突如あいたおいしい枠を巡り、椅子取りゲームのゴングが鳴ったというわけだ。さるテレビ局関係者はこう話す。

齋藤孝教授では荷が重い?

「『バイキング』の後継番組に関しては、“タモリ復帰待望論”などもあり、タモリサイドに打診をして断られたという話もあるが、現実味は乏しいでしょう。さらに中居正広サンドウィッチマンなどの名前も飛び交っている。内容は、現在のニューストークバラエティーではなく、TBSの『ラヴィット!』と日テレの『ヒルナンデス!』を足して2で割ったようなお笑い生活情報番組になるようだ。いずれにせよ、進行の要として、同局の伊藤利尋アナは残留とみられている」

 一方、「Nキャス」の方はどうか。

「1週間のニュースをまとめて見せる基本スタイルは変わらないようだが、安住アナとの相性もあるので、こちらのほうが後任選びは難しいとみられている。安住アナの大学時代の恩師で、すでに同番組にコメンテーターとして出演している齋藤孝教授を推す声もあるようだが、たけしの後任は荷が重いのでは」(前出のテレビ局関係者)

 春の改編期までリミットは3カ月。正式発表までさまざまな噂や臆測はやみそうにない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由