井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

滝川クリステルは“子育て投稿”で3度炎上…夫の進次郎に飛び火した親子ヨガの顛末

公開日: 更新日:

 昨年秋、深夜まで赤ん坊を連れ歩き、非難の集中砲火を浴びた滝川クリステル(44)。今年も3月と6月、子育てに関して短期間に続けて炎上してしまった。

 3月、滝川は1歳になった長男と一緒にヨガに興じる画像をSNSにアップした。ところが、滝川が長男の両足を持ち、逆さ吊りにしていたことから瞬く間に炎上。「虐待にみえる」「ケガをしたらどうするのか」「あの旦那にしてこの嫁あり」と、果ては夫の小泉進次郎まで巻き込んでの祭りとなった。

「親子ヨガは程よい筋肉をつけるのと、気分転換、スキンシップにオススメですよ」と、幼い子を危険にさらしているとは思えぬ、のんきなコメントも気に障ったのだろうか。バッシングはなかなか収まる気配を見せなかった。

 幼児の逆さ吊りといえば、華原朋美の0歳の長男を“親友”高嶋ちさ子が紹介したベビーシッターが逆さ吊りにして虐待したと高嶋を難詰し、高嶋が華原とは絶縁すると言い出すまでに関係がこじれた件もあった。それだけに、「またか」といきり立つ人も少なくなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す