碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

吉高由里子「最愛」サスペンスドラマで重要なのは“どこまで視聴者に教えるか”である

公開日: 更新日:

 今週17日、吉高由里子主演の「最愛」(TBS系)の最終回が放送される。

 2006年に薬物を使って女性を暴行していた男が岐阜で失踪。15年後に白骨化した遺体となって見つかった。しかもその直後、息子の行方を捜していた父親も東京で遺体となって発見される。

 どちらの事件も製薬会社の社長、真田梨央(吉高)の周辺で起きた。特に、すべての発端となった15年前の出来事は、梨央だけでなく父や弟をも巻き込んだ。さらに当時は大学生で、現在は刑事の宮崎大輝(松下洸平)も関係者のひとりだ。

 サスペンスドラマで重要なのは、どのタイミングで、何を、どこまで視聴者に教えるかである。登場人物が知っていて、見る側が知らないこと。逆に、見る側は知っているのに、登場人物は知らないこともある。その組み合わせの妙がサスペンスを生むのだ。

 前回までに、父親の遺体発見現場にあった「赤いペン」によって容疑者が絞り込まれてきた。しかし、これも見る側を揺さぶるミスリードかもしれない。脚本は奥寺佐渡子と清水友佳子。湊かなえ原作のドラマ「リバース」などの名コンビだが、今回のオリジナル脚本も大健闘だ。見る側に「考察」の醍醐味と、展開に身をまかせる快感の両方を提供している。

 いずれにしても、過去と現在、2つの事件の真相が一挙に明らかになるのは間もなくだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか