本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

インディアンスは“前に前に”の騒々しい漫才から少しずつ力みが抜けて…

公開日: 更新日:

 去年の「M-1グランプリ」では敗者復活から勝ち上がり、今年はストレートで決勝へ進んだインディアンス。NSC在学中はそれぞれ違う相方と組んでいました。同期で今回初めてM-1決勝に進んだロングコートダディ、相方の木村君、他の生徒たちの印象さえもあまり残っていないほど、田渕君の個性は強烈でした。

 ネタの内容までは覚えていませんが、とにかく元気! 声が大きく、前に出よう、目立とうとする姿勢が凄かった。自分がネタをやっている時は満面の笑みで、他のコンビのネタ中や私がダメ出しをしている時はまさに真剣そのもの。あの食い入るようなまなざしは忘れられません。

 卒業後、2人はコンビを組みますが、木村君いわく「あまりにもとがりすぎて、自分の面白いと思うこと以外は認めなかった」そうで、ほどなく解散。その後、田渕君はミキの昴生君とコンビを組みますが、どちらもぐいぐい前に出ようとするタイプのために“キャラかぶり”で半年足らずで解散。

 面白いのはその間、とがりにとがっていた木村君が「やはり相方はぶっちゃん(田渕君)しかおらん」と、毎日のように「もう一度(コンビに)戻りたい」と復縁メールを送っていたこと。この時のことを田渕君は「昴生さんとの初舞台の時にきむ(木村君)が見に来てて、客席のド真ん中に座って昴生さんにずっとメンチを切っている姿を見て、これは“刺される”と思ったし、ここまで本気で誘ってくれるのは他におらんと思って戻りました」と今でこそ笑い話ですが、当時はそれほど鬼気迫るものだったそうです。あらためてコンビの“縁”の面白さを感じさせてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”