碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

綾野剛はやはりハードボイルドがよく似合う!「アバランチ」も「MIU404」と並ぶハマり役

公開日: 更新日:

 先月下旬から第2部に突入した、綾野剛主演「アバランチ」(カンテレ制作・フジテレビ系)。残りの回数も少なくなり、物語は加速している。

 アバランチ(雪崩を意味する英語)は、警察が手を出せない悪を打ち砕く秘密集団だ。警視庁特別犯罪対策企画室の山守(木村佳乃)が集めたのは元公安の羽生(綾野)、元爆弾処理班の打本(田中要次)、ハッカーの牧原(千葉雄大)らくせ者ばかり。悪徳政治家や財界人などを、ネットも駆使しながら潰してきた。

 だが、本命の巨悪は元警視庁警備局長で内閣官房副長官の大山(渡部篤郎)だ。3年前、大山は日本版CIAを創設するために偽装テロ事件を仕組んだ。その犠牲となったのが羽生の先輩で、山守の婚約者だった藤田(駿河太郎)だ。アバランチはその復讐戦でもある。

 このドラマの綾野は、昨年の「MIU404」と並ぶハマり役。今年春の「恋はDeepに」では巨大不動産企業の御曹司だったが、やはりハードボイルドがよく似合う。自分が信じる「正義」のために命を張る男が漂わす、ぬぐい切れない虚無感も大きな魅力だ。

 加えて、敵対する渡部が惚れ惚れするほどの悪役ぶりだ。他者を恫喝する時の怒りを抑えた表情や、突然不気味な笑顔に転ずる瞬間など、思わずゾクッとする。羽生たちが大山にどんな落とし前をつけさせるのか、見届けずにはいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”