吉高由里子「最愛」vs西島秀俊「真犯人フラグ」 よく似た考察サスペンスドラマの大きな違い

公開日: 更新日:

 秋ドラマも大詰め。世帯視聴率では「日本沈没」(TBS=日曜夜9時)と「ドクターⅩ」(テレビ朝日=木曜夜9時)がこれまで平均15%以上の高水準でトップ争いをしている。

「世帯視聴率では2ケタに届きませんが、恋愛ものやサスペンスなど、ドラマ好きにはジャンルに富んだシーズンでした。世帯視聴率が2ケタに届かなくても、各作品ごとに熱い視聴者がいます。特にサスペンスは“考察”で盛り上がっていますね」(テレビ誌編集者)

 今クールの“考察サスペンス”といえば、吉高由里子(33)主演の「最愛」(TBS=金曜夜10時)と、西島秀俊(50)主演の「真犯人フラグ」(日本テレビ=日曜夜10時30分)の2作だ。

 番組公式サイトを見ると「最愛」は〈“事件を追う刑事は、かつて心を通わせた最愛の人だった”完全オリジナルのサスペンスラブストーリー〉で、一方の「真犯人フラグ」は内容を短くまとめたキャッチコピー的なものはなく、〈この事件、あなたなら、どんな“物語”を想像しますか〉と視聴者に問いかけている。

ネット上では考察合戦

「最愛」は17日が最終回、「真犯人フラグ」は年をまたぐ2クールドラマだから単純に比較はできないが、どちらも各話放送直後から、ネット上で考察合戦が始まるというのは共通している。

 ただ、ネット上の考察以外の声を拾うと、「最愛」は〈吉高さん、松下(洸平)さんの演技が素晴らしい〉〈弟役の高橋文哉さんがいい〉などと演者に関するものや展開に関するものが多いのに対し、「真犯人フラグ」は〈回収できない伏線張りすぎ〉〈(同じスタッフ制作の)“あな番”のような終わらせ方なら毎回見なくてもいいか〉なんて“ツッコミ”もある。

「どちらもネット上の意見を含めて楽しんで見ています」というテレビコラムニストの亀井徳明氏は、「比較すること自体おかしいのですが」と前置きしてこう続ける。

「『最愛』はシンプルなタイトルで登場人物の行動の動機を最初から示しつつ、丁寧にストーリーを紡ぐ“作品性”を重視。『真犯人フラグ』はドラマとしての作品性よりも、〈こうすればネット民かつ視聴者は面白がるだろう〉と計算して、従来のドラマとは別ジャンルのエンターテインメントを目指しているように見えます。象徴的なのは、どちらも脇役で刑事が出ていて、いずれも毎回インパクトを残している個性的なキャラなんですが、そのキャラの立たせ方の差です。どちらが正解というわけではなく、両方とも視聴者を楽しませるために全力で工夫しているはず」

 ちなみに「最愛」の個性的な刑事役は津田健次郎(50)で、「真犯人フラグ」は渋川清彦(47)が演じている。

 物語の世界にどっぷり漬かって演者の一挙手一投足が見逃せなくなるのが「最愛」、物語よりも〈何が出てくるんだろう〉という玉手箱的なのが「真犯人フラグ」。大きく違うが、あなたが支持するのはどっち?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音