吉高由里子「最愛」vs西島秀俊「真犯人フラグ」 よく似た考察サスペンスドラマの大きな違い

公開日: 更新日:

 秋ドラマも大詰め。世帯視聴率では「日本沈没」(TBS=日曜夜9時)と「ドクターⅩ」(テレビ朝日=木曜夜9時)がこれまで平均15%以上の高水準でトップ争いをしている。

「世帯視聴率では2ケタに届きませんが、恋愛ものやサスペンスなど、ドラマ好きにはジャンルに富んだシーズンでした。世帯視聴率が2ケタに届かなくても、各作品ごとに熱い視聴者がいます。特にサスペンスは“考察”で盛り上がっていますね」(テレビ誌編集者)

 今クールの“考察サスペンス”といえば、吉高由里子(33)主演の「最愛」(TBS=金曜夜10時)と、西島秀俊(50)主演の「真犯人フラグ」(日本テレビ=日曜夜10時30分)の2作だ。

 番組公式サイトを見ると「最愛」は〈“事件を追う刑事は、かつて心を通わせた最愛の人だった”完全オリジナルのサスペンスラブストーリー〉で、一方の「真犯人フラグ」は内容を短くまとめたキャッチコピー的なものはなく、〈この事件、あなたなら、どんな“物語”を想像しますか〉と視聴者に問いかけている。

ネット上では考察合戦

「最愛」は17日が最終回、「真犯人フラグ」は年をまたぐ2クールドラマだから単純に比較はできないが、どちらも各話放送直後から、ネット上で考察合戦が始まるというのは共通している。

 ただ、ネット上の考察以外の声を拾うと、「最愛」は〈吉高さん、松下(洸平)さんの演技が素晴らしい〉〈弟役の高橋文哉さんがいい〉などと演者に関するものや展開に関するものが多いのに対し、「真犯人フラグ」は〈回収できない伏線張りすぎ〉〈(同じスタッフ制作の)“あな番”のような終わらせ方なら毎回見なくてもいいか〉なんて“ツッコミ”もある。

「どちらもネット上の意見を含めて楽しんで見ています」というテレビコラムニストの亀井徳明氏は、「比較すること自体おかしいのですが」と前置きしてこう続ける。

「『最愛』はシンプルなタイトルで登場人物の行動の動機を最初から示しつつ、丁寧にストーリーを紡ぐ“作品性”を重視。『真犯人フラグ』はドラマとしての作品性よりも、〈こうすればネット民かつ視聴者は面白がるだろう〉と計算して、従来のドラマとは別ジャンルのエンターテインメントを目指しているように見えます。象徴的なのは、どちらも脇役で刑事が出ていて、いずれも毎回インパクトを残している個性的なキャラなんですが、そのキャラの立たせ方の差です。どちらが正解というわけではなく、両方とも視聴者を楽しませるために全力で工夫しているはず」

 ちなみに「最愛」の個性的な刑事役は津田健次郎(50)で、「真犯人フラグ」は渋川清彦(47)が演じている。

 物語の世界にどっぷり漬かって演者の一挙手一投足が見逃せなくなるのが「最愛」、物語よりも〈何が出てくるんだろう〉という玉手箱的なのが「真犯人フラグ」。大きく違うが、あなたが支持するのはどっち?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”