元SKE48山田樹奈の有罪判決が告げる「1億総アイドル時代」の終焉…誰もが時代の“犠牲者”

公開日: 更新日:

 AKBグループの派生SKE48の元メンバー山田樹奈(23)が詐欺罪などに問われ、懲役1年6月、執行猶予4年の判決を言い渡された事件は「一億総アイドル」時代の終焉を告げる象徴的な出来事ではないか。

 出会い系アプリでカモを探して勧誘していた山田は偽のプロフィルに年収1000万円などとうたっていたが、詐欺グループでは末端の、使い捨てのような実行役。自分も主犯格の車舘宙生容疑者(25=公判中)にだまされ70万~80万円を払い、その金を消費者金融から借りて借金を負っていたとされる。公判では、彼女に金銭的に余裕がまったくないことから国選弁護費用の免除も言い渡された。やった罪は変わらないものの、きらびやかな芸能界から転落したアイドルの悲しい末路との声もある。

「山田樹奈は中学生でオーディションに合格、SKE48の6期生としてステージに立っていましたが、6回立候補したAKB選抜総選挙はすべて圏外。19年に卒業後もSNSなどで発信を続けてはいたのですけど、ソロで仕事が来るほどの人気も実力もなく、表舞台から消えていった。148センチと小柄ながら、頑張ろうとピョンピョン跳びはねていたのを覚えています」(週刊誌芸能担当記者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”