黒木瞳が「美魔女のレジェンド」と称されるゆえん 私生活は明かさず“秘すれば花”

公開日: 更新日:

 女優の黒木瞳(61)が3日、都内で行われた「第12回国民的美魔女コンテスト」に特別審査員として出席した。このご時世でも水着審査アリという、年齢を感じさせない美しさの競演に「あと10歳くらい若かったらコンテストに出たかった」とコメントしたが、ネット上では「60代とは驚き!」「レジェンド」と黒木に対するコメントが殺到。グランプリがかすむほどの注目度だった。

 黒木といえば、宝塚を記念受験し、3位で合格。月組娘役のトップスターとなり、初主演映画「化身」(1986年)ではヌードを披露。その後は“失楽園ブーム”(97年)で時の人に。2016年には映画監督デビューも果たすなど幅広いジャンルで活躍している。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

■“時代に消耗されず”価値を高める


「女優として、映画、ドラマ、CMでの華々しいキャリアに加え、司会もこなし、結婚、出産と私生活も充実。全てを手中におさめ、まさに“バブル世代”の女性らしい自信と余裕が彼女の美しさの源。プライベートを明かさず、適度に話題作に出演する昭和の大女優的プロデュースが“時代に消耗されず”に価値を高めているといえます。これだけやりたいことを実現するとバッシングを浴びそうですが、次は何をするのかと、興味をかき立て、ますます黒木さんの術中にハマってしまう。全てが好循環になっているのです」

 秘すれば花。プライベートを明かさないほうが美魔女は美魔女らしくいられるのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”