細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

五木ひろしの光と影<18>「先輩、実は新しい芸名が付いたんです」と青年・三谷謙は言った

公開日: 更新日:

 目黒の権之助坂に総工費1億2000万円(現在の価値で約5億円)の自社ビルを建て、日本に数台しかなかったリンカーン・コンチネンタルを乗り回し、下戸なのに毎晩銀座を闊歩した。「金はいくら使っても減らなかった」と野口修は言った。あながち嘘ではないかもしれない。沢村ブームは日本中を席巻していたからだ。

 凡百のプロモーターなら、そこで得た財を次の興行に備えてプールするか、選手のファイトマネーを格段にアップさせるか、設備をさらに整えることに使うかもしれない。もしくは次代のスター発掘のための資金か、キックボクシングの世界進出のために用立てるかもしれない。生前の野口修は「そういうのにも使ったよ。使って使って使いまくった。それでもまだ余っていた」と豪語した。「このとき手元に自由になる金が4億~5億あった」とも言う。現在の価値に換算して12億~15億円といったところだろう。その大金を、彼は芸能部設立につぎ込んだのである。

「ある日、ビル3階のオフィスに顔を出したら見知らぬ青年がいた。社長が『反町、紹介する。歌手の三谷謙君だ。三谷君は今度ウチに所属するんだ』って言うんだよ。野口プロは社長の独断で決めていたけど、大体は沢村さんや俺には報告があった。でも芸能部ができるのはそのとき知った。だから、あれは突然決まった話だと思う」(野口ボクシングクラブ所属のプロボクサーで第11代東洋ウエルター級王者の龍反町)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!