TikTokで話題の“歌ウマおじさん”デュオ「CHOPSTICKS」を直撃!2人合わせて111歳の現在地

公開日: 更新日:

 若者たちがダンス動画などをアップしているSNS「TikTok」で、スキンヘッドのおじさん2人が、突如、超絶ハモリで懐かしのメロディーを歌いだす動画が話題だ。ユニット名は「CHOPSTICKS(チョップスティックス)」。並んで立つと“箸”のようなこの2人は一体!?

  ◇  ◇  ◇

 ――ユニット形成のきっかけは?

新沢(写真左) 僕はもともと子ども向けの音楽を作っていたんです。木山さんは、「紅白歌合戦」にも出場されている方ですが、僕の作った「にじ」をライブで歌ってくださっていたんですね。それで一度ご挨拶させていただきたいと……。

木山(写真右) レコーディング中のスタジオに来てくださって。そこでディレクターさんが「一緒に歌ってみてくださいよ」って。歌ってみたらなかなかよくって。
新沢 「一度2人を並べてみたかったんです」って。それで並ぶとお箸みたいということで、「CHOPSTICKS」という名前になりました。

 ――「TikTok」で“歌ウマおじさん”として話題となり、フォロワー数も1万人に達しています。

新沢 すごく反響があったので正直驚きました。“小峠かと思った”とコメントがあったりして。

木山 僕も4番目の息子(中3)から「父さん、『TikTok』やってるの?」と言われたりして。コメント欄で“世界で一番平和な動画”なんて書いていただいたりして、不思議な感じですね。

この年になってユニットを組むとは人生って面白いなって…

 ――一見、こわもてのおじさん2人が、「赤いスイートピー」や「見上げてごらん夜の星を」「卒業写真」を優しい声で楽しそうに歌っているのは思わず引き込まれます。ハイトーンのユニゾンやハモリも気持ちいいです。

新沢 僕は木山さんの美声の邪魔をしないように気をつけていますね。僕自身、木山さんの声の“癒やし成分”を間近で聴けて幸せを感じながら歌っています。

木山 アルバムでは、ソロでは歌ってこなかった「田園」とか「あ~よかった」など、アップテンポな曲も歌いましたが、新たな歌の世界が広がった感じでしたね。「待つわ」とか女性の歌は、男性の声っぽくならないように、中性的に歌うよう心がけていました。

新沢 “ヤカラ感”が出ないようにね。

木山 僕も黙っているとコワイなんて言われたこともありましたからね(笑い)。

 ――オンラインライブ中に募集したキャッチコピーでは「令和のライト兄弟」なんてのもあったそうで。

木山 うまいこと言うな~と思いましたよ。

新沢 でも、この年(58歳)になって、こうして新たにユニットを組むことになるなんて、人生って本当に面白いなって思いますよ。2人合わせて111歳ですからね。「脳トレ」にもなるし。

木山 僕も「どんなことがあっても強く生きてれば大丈夫だよ」と息子たちには話してきましたけど、コロナ禍で音楽活動がうまくいかない中、こんなことって本当にあるんだな、と。今回のアルバムはなかなかチャレンジャーだなと思いますけど(笑い)、とてもいい内容だと思うので、ぜひ聴いていただきたいですね。 

(聞き手=平川隆一/日刊ゲンダイ)

▽木山裕策(きやま・ゆうさく=53歳) 2005年、甲状腺がんを克服したことを機に、長年の夢だった歌手に挑戦することを決意。会社員を続けながら、2008年「home」でメジャーデビュー。同年、「NHK紅白歌合戦」に初出場。4人の息子と妻の6人家族。

▽新沢としひこ(しんざわ・としひこ=58歳)シンガー・ソングライター。こどもの歌研究所所長。日本童謡協会理事。元保育士。子どもの歌から大人向けのポップスまで、幅広く作品を作り続ける。代表作に「世界中のこどもたちが」「ともだちになるために」「にじ」などがある。

「箸やすめ~青春・卒業・恋 シャイニー&ハーモニー」
「赤いスイートピー」から、「待つわ」「卒業写真」「田園」まで、昭和・平成の名曲をしっとり、時にパワフルに歌い上げる。(キングレコードから発売中)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷