吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<98>頭髪を100本抜き覚醒剤検査 “絶口調”で不満をぶちまけた家政婦

公開日: 更新日:

 13時間に及ぶ取り調べを受けて夜の10時に帰ってきた家政婦の大下さんは、“絶口調”で捜査への不満をぶちまけた。

「あのね、髪を5カ所に分けて、全部で100本ほど取られたのよ。覚醒剤の使用について調べるんだと思うけど、頭頂部、左右、後頭部の2カ所を引っ張られるんだから頭にきて、『髪が少ないんだから、いい加減にしてよ』って文句を言ったわ。早貴ちゃんみたいに黒々とした髪ならいくら取ってもいいけどさ。ウィッグを使っているのに失礼しちゃうじゃない」

「そりゃあ、そうやのぉ~」

 マコやんも私も苦笑した。彼女がウィッグを使っていることは本人が公言していたので私も知っている。口数の少ない早貴被告も苦笑しているだけだった。

「早貴ちゃんの捜査員は格好がいいイケメンで、私はババアだからダメなのよ」

「いや、大下さんの担当にもイケメンがいたじゃないですか」

 2人で捜査員の品定めが始まったので、笑うしかなかった。

「あのね、ヨッシーがここで私たちに社長が死んだときの様子を聞くでしょ。ヨッシーは理詰めで厳しい聞き方をするけど捜査員たちは優しいのよ~。ねっ、早貴ちゃん」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に