吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<96>精いっぱいの演技か? 早貴被告はハンカチ片手に涙ぐんだ

公開日: 更新日:

 その後、棺桶に釘を打つセレモニーが始まった。私は釘を打つ音を耳にすると故人との本当のお別れであると実感してしまうので、この瞬間が大の苦手だ。

 自分の親族が死んだ時も決して釘を打つことはしなかったので、この時も辞退した。

 最後の釘は喪主の早貴被告が打つことになり、彼女は鼻の頭を赤くしてハンカチを片手に涙ぐんでいたが、私には本気には思えなかった。精いっぱい悲しみの演技をしているようにしか見えなかったのだ。

 その後は、この地方の習慣らしく、お供え物を各自が持って火葬場に行くという手はずを葬儀社の係員から伝えられた。

 お昼の12時ごろ、白いマスクにサングラスをかけた早貴被告が斎場から出てくると、門の外に待ち受けていたマスコミが一斉にカメラを構え、周囲にはシャッター音が鳴り響いた。

 市営の火葬場は炉の型が古いので、遺体が骨になるまで3時間近くかかると聞いていた。火葬場の係員たちは慣れたもので事務的に事は進んでいくが、私はこの場所も苦手だった。炉に入れられれば、お別れである。点火されて炎に包まれるドン・ファンの棺桶を想像しながら、私は怒りの視線を炉に向けていた。

「絶対にオレはこの敵を取ってやる。社長、誓うからね」

 両手を合わせると、私はいったん、火葬場を後にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害