二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

テレ朝「報ステ」苦戦中…大越健介キャスターでも“脱NHK”がいかに難しいかを物語る

公開日: 更新日:

 テレビ朝日の看板番組「報道ステーション」がNHKを6月に退職した大越健介(60)を10月からキャスターに起用。注目を集めていたが、視聴率は芳しくない。時には2桁を割る日もある。夜10時台で初のニュース番組として視聴習慣がついていただけに、「大越さんならどんな番組になるか」と期待もあり視聴率はアップするものだが、下がったのは予想外だろうと思う。

「これまで報ステを見ていた人が“つまらない”とチャンネルを替えたことで、常連の視聴者の一部が離れた結果だと思う。このままさらに番組離れが起こる可能性もある」と放送記者は言う。

 報ステの前身、「ニュースステーション」が始まったのは1985年。司会に起用された久米宏TBS局アナ時代「ザ・ベストテン」などバラエティー番組で軽妙な司会ぶりが人気だった。フリーになって初の正統派ニュース番組の司会。いったいどうさばくかが注目されたが、これまでにない新しい形の報道番組を作り上げた。

 時には怒り、時には大笑い、「物言うキャスター」の久米をうまくサポートした当時、局アナの小宮悦子とのコンビネーションも絶妙な味だった。また、番組の冒頭、テーブルの下から小宮の美脚を見せる演出も殿方を喜ばせた。当時の平均視聴率は14.4%。番組は19年続いた。

NHK出身キャスターは女性のほうが順応している

 久米からバトンタッチを受け今の「報道ステーション」に名を変えて新司会者に就任したのが古舘伊知郎だった。古舘もテレ朝の局アナ時代はプロレスの名実況で知られるマシンガントークで人気を博したが、やはりニュースであのトークは「大丈夫か」と心配する声をよそに、古舘色はより輝きを増し、報ステを安定期に導いた。

 しばらく局アナが司会を務める時期を経て3代目に就いたのが大越だった。前任の2人と違いNHK時代は政治記者から「ニュースウオッチ9」のキャスターに就任した。優しい顔と安定した口調で主婦層からも支持されていた。そんな期待もあっての起用だろうが、「民放の顔になったからには久米や古舘までいかなくとも、多少のくだけた話も期待していたが、NHKの教育のまま、型通りの司会。これでは“ニュースウオッチ9”を見ているのと変わらない」(テレビ局関係者)。

 一見、柔軟性を兼ね備えているように見えた大越でも長年培ったNHKの殻からの脱却がいかに難しいかを物語る。

 その点、むしろ、女子アナのほうが順応に見える。2018年にNHKを退職。フリーになり半年後に日本テレビ「news zero」の司会者になった有働由美子。大越とは対照的にNHK時代は「あさイチ」など情報番組で鍛えた柔軟なスキルがニュース番組に生きている。失言もあるが、それも今では「有働らしさ」と言われ人気の一因になっている。

 有働よりも先にフリーになった神田愛花も活躍が目立つ。バナナマン日村勇紀と結婚した頃は「鼻につく」と言われたこともあったが、最近はバラエティーも含めさまざまな番組に出演。主婦らしい感覚でざっくばらんな世間話から局アナ時代の逸話など「この人、本当にNHKにいたの」と好感度を上げている。

 NHKと違い民放はニュース番組も視聴率が求められる。期待値が高かった大越はどう巻き返すのか。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走