桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

TBSのエース安住紳一郎アナを元気にする方法 リニューアル続きでヤル気だだ下がり

公開日: 更新日:

 TBS系「THE TIME,」がスタートして1カ月が過ぎた。エース安住紳一郎を投入したものの視聴率は芳しくないようで、毎週のようにプチリニューアルし、番組はもはやサグラダ・ファミリア状態に。

 ニュースや芸能コーナーが増え、「ニッポンの空」コーナーが見る見る縮小され、安住らしさも失われている。おそらく、ネット系列も含めた外野がケチをつけ、それを真に受けているうちに訳が分からなくなっているのではと察する。

■ミスを連発

 中でも、大幅にリニューアルした先月25日の放送では、当の安住紳一郎も「一番戸惑ってるのはアタシだよ!」と冗談めかしていたが、スタッフへの不満も感じ取れた。

 おまけに9日の放送では火曜日なのに水曜日と曜日を間違えてしまい、翌日は番組名を失念しそうになるなど、安住ともあろう者がミスを連発。フロイトの錯誤行為というやつで、番組をなかったことにしたいと無意識のうちに思っているのではないか。

 安住の得意はおしゃべり。せっかくエースを投入しておきながら、ただニュースを読ませるだけではもったいない。もっと自由度を高くしてフリートークを楽しめる番組にしないと魅力半減だ。

共演者を嫁候補に

 長年続いた「ぴったんこカン・カン」は米倉涼子やら吉田羊やら、女優と飲んだり食べたり疑似デートをしていたようなもの。それがなくなった今、安住のモチベーションは、どんどん下がる一方だ。そこで余計なお世話だが、安住が楽しめるよう、共演者を嫁候補としてみるのはどうか。

 最後の大物独身俳優の佐々木蔵之介が一般女性と結婚した今、安住の嫁は国民の最大関心事。

 オススメ嫁候補①は木金担当の江藤愛。安住とのコンビは木曜だけだが、2人並ぶと長年連れ添った夫婦のようなおなじみ感がある。

 何といっても、しょーもないウンチクを得々と述べる安住を見つめる視線が優しい。

 服装も女子アナというより若奥さま風で落ち着いているところもいい。売れっ子アナ同士の結婚は離婚率も高いが、2人ならそのジンクスを破れる!

好感度アップの宇賀神メグ

 ②は月~水の相棒の宇賀神メグ。アニメキャラのような名前にキャピキャピ娘かと敬遠していたが、田中みな実宇垣美里らワガママ系とは違うと分かって好感度はアップ。名前と見た目と違い、本人は意外と地味だ。

 ③は月曜エプロン隊の乃木坂46梅澤美波。モデルでもあり、身長170センチのスレンダーなボディーは米倉を彷彿させ、22歳にしては落ち着いているのは安住好みかも!?

 真面目さが安住の長所だが、婚活サバイバル番組「バチュラー」の公開見合いのつもりで番組を楽しんでみればどうだろう。安住に幸あれ!

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今