近藤真彦ジャニーズ身勝手退所から半年…野村義男と“た抜き”「のきん」で再出発の行く末

公開日: 更新日:

 今年4月にジャニーズ事務所を電撃退所した近藤真彦(57)が、11月2日に東京・中野サンプラザホールでソロコンサート「ReSTART」を開催した。

 1日2回公演でチケットは完売。4000人を集客し、マッチ人気は衰え知らずだった。コンサートには元たのきんトリオメンバーだった野村義男(57)がギタリストとして参加。客席には“辞めジャニ”の後輩、大沢樹生(52)、植草克秀(55)の姿もあったという。

 近藤はデビュー40周年目前の昨年11月、25歳年下女性との5年にわたる不倫が報じられ、無期限謹慎処分に。40周年に向けて準備されていたテレビ出演、コンサートなどは急遽キャンセルされ、事務所、テレビ局は対応に追われ、若手ジャニーズたちが穴埋めに奔走したという。ところが近藤は、今年4月末に謹慎が解けぬまま退所。会見どころか、ファンにも身内である後輩たちにも謝罪も説明もナシ。東山紀之(55)は自身がキャスターを務める情報番組で「今回の退所の仕方に大きな疑問が残っている」と痛烈に批判するほど、遺恨を残した。

「“何も言わないのが美学”は間違い」

 本人的には、不倫報道から1年、退所から半年経ち、みそぎは済んだという判断だったのだろうか。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「これだけ大きな不祥事があって批判を浴びて、公の場に出なくともチケット完売はさすが。しかしながら、退所したからと“何も言わないのが美学”と思うのは間違いで、フリーとなった今では非常識でしかない。そういう行動もこれまで“やんちゃ”という言葉で片づけられ、事務所が尻拭いしてくれたけれど、今後はすべて自分にダイレクトに返ってくる。40年もジャニーズに在籍したアラ還の近藤さんには芸能界の目も厳しくなるし、ジャニーズという傘がどれだけ大きかったのかを痛感するはず。人気を継続することの大変さに気づくのでは」

 活動のもう一つの柱、レーシングチームの監督業には復帰しているものの、2011年から近藤が出演していたタイヤメーカーのCMは契約解除に。12月からは野村とともに“た抜き”の「のきん」コンビで全国首都圏のライブハウスで7会場14公演を開催する“二人旅”の道中がスタート。これからがマッチの腕の見せどころだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感