爆笑問題・太田光は貴重な「政治を語れる芸人」 選挙特番での“ハレーション”はTBSの狙い通り?

公開日: 更新日:

 総選挙の選挙特番の視聴率が出揃った。

 トップはNHK「衆院選2021開票速報」(19時55分~21時)で17.7%の圧勝。民放は日本テレビ系「zero選挙」(19時58分~21時)10.8 %、テレビ東京系「池上彰の総選挙ライブ」(20~22時)7.6%、フジテレビ系「Live選挙サンデー」(21~22時)7.6%、テレビ朝日系「選挙ステーション2021」(19時58分~21時)7.2%、TBS系「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(19時57分~21時)6.2%。zeroコンビの有働由美子櫻井翔は19年参院選に続き、民放のトップになった。

「有働由美子&櫻井翔は安定、フジの宮根誠司加藤綾子は後半の橋下徹が独り勝ち、テレ東の池上彰は旬を過ぎた感じでした。NHK出身の『報ステ』新キャスター、大越健介大下容子がメインのテレ朝は平凡でいいとこなし。大越の穏やかな語り口調は他人事めいて熱量が足りません」(放送ジャーナリスト)

 物議を醸したが、インパクト抜群だったのはTBSの太田光。自民党甘利明幹事長(当時)に「甘利さん、戦犯ですよね、負けたら」「(原因は)政治とカネが尾を引いたと思いますよ」「ご愁傷さまでした」と矢継ぎ早に。二階俊博元幹事長にも「人相悪いんですけど、怒ってますか」「いつまで政治家続けるおつもりなんですか」と挑発し、ムッとさせた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走