碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

濱田岳主演「じゃない方の彼女」今期ドラマの中で最も展開が気になる!

公開日: 更新日:

 濱田岳主演「じゃない方の彼女」(テレビ東京系)は出色の不倫コメディーだ。何より、「不倫のようなもの」に巻き込まれていく主人公の戸惑いぶりがいい。

 小谷雅也(濱田)は大学の准教授。相手は女子学生の野々山怜子(乃木坂46山下美月、好演)だ。何の関係もなかった2人がエレベーターの故障などの偶然が重なり、互いに気になる存在になっていくプロセスが丁寧に描かれていく。

 しかし真面目な雅也は当初、怜子にからかわれているとしか思わない。「周囲から誤解される」「ボクには家庭(妻役は小西真奈美)がある」と逃げ回るばかりだ。

 その後、事態は徐々に進展しているが、雅也が見せる「うろたえ感」や「タジタジ感」がすこぶるおかしい。怜子を押し戻そうとする自分。危険な領域に踏み出しそうな自分。笑える“せめぎ合い”は濱田だからこそ演じられる至芸だ。

 タイトルの「じゃない方」は、たとえば漫才コンビで顔や名前が知られた人じゃない方を指す。たとえ「じゃない方」であっても、自分の人生の主人公なのだ。このドラマには、そんなメッセージが込められている。

 とはいえ、このままでは雅也の母で恋愛小説家の弘子(YOU)が言う「命綱なしのバンジージャンプ」になりかねない。どうするんだ、雅也!? 今期ドラマの中で、最も展開が気になる一本だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今