芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

「新垣結衣は資産」と明治が絶賛! メルティーキッスCM異例11年連続起用の背景

公開日: 更新日:

 新垣結衣(33)がキャラクターを務める明治「メルティーキッス」のCMが11年目の冬を迎えた。単一商品をひとりのタレントが11年にも渡ってキャラを務めるのは極めて稀なケースといえるだろう。

 商品とタレント、双方のイメージがシンクロした数少ないケースと言い換えることができる。「メルティーキッス」は今から29年前、1992年に発売されて以来、様々な女性タレントがCMに起用されてきた。

 初代の今井美樹(58)に始まって森高千里(52)、広末涼子(41)、松嶋菜々子(48)……。いずれも、その時代の“最も輝いている”女性タレントたちだ。契約期間は長期で2年、短くて1年だったが、2011年10月の新垣以降、CMキャラは変わっていない。

 CMソングも、新垣自らが囁くように歌う「冬のkiss」で変わらない。実は新垣は、「メルティーキッス」のCMキャラを務める5年前、ライバル社・江崎グリコの主力商品「ポッキー」のCMキャラを2年に渡り務めていた。新垣とチョコレートという商品の相性が、いかに良好かを示す格好のエピソードだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり