話題の「日本沈没」もサマサマ…携帯・スマホでドラマが激変、コストもイライラも大幅減

公開日: 更新日:

 スマホはドラマのストーリーを大きく変えただけではない。制作コストを抑えるのにも役立っているという。

「会話シーンを会っている演出にすると、出演者のスケジュール調整が大変です。でも、スマホでしゃべっている芝居を別々に撮影して、あとからつなげれば、2人が話しているように見えます。政治家が悪だくみを重ねる場面も、料亭やレストランを借り切ってロケしなくても、『おぬしもワルよのう』『恐れ入ります。ヒヒヒッ』とスマホのやりとりでいけます」(ドラマ制作会社プロデューサー)

 恋愛ドラマの告白も自撮り動画ですむから、夕日の浜辺で恋人同士が走り寄って、ひしと抱き合うなんていうおなじみの感動シーンはもうない。「好き!」と送信し、「了解!」の返信で“愛の告白”は完了である。ロケ先での天気待ちもない。

 ちなみに、スマホ場面が少ないのは「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレ朝系)。さすがに、深刻な病状の告知や手術の打ち合わせを電話やメールでやるわけにはいかない。秋ドラマを「スマホ」に注目しながら見るのも面白い。

(コラムニスト・海原かみな)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷