破局から6年…田中みな実がいまだに藤森慎吾との熱愛を語る理由

公開日: 更新日:

 フリーアナウンサーの田中みな実(34)が先日、トークバラエティー番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演し、かつて交際していたお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(38)について現在の心境を赤裸々に語った。

 2人の交際が始まったのは、2009年に「サンデー・ジャポン」(TBS系)で共演したことがきっかけ。12年に「フライデー」で熱愛が報じられ、結婚間近ともいわれたが、15年に破局した。

 田中は、「グータンヌーボ2」で当時を振り返り、「復縁できるとされることはなんでもした」と、破局後に復縁を望んでいたことを明かし、「立ち直るまで2年もかかったもん」とも告白した。

「当時の田中はテレビに出るたびにイジられ、破局後やフリーになってからもイジりは続きました。ただ、あの当時は、“ぶりっ子キャラ”で女性の好感度は低かった。業界での立場も藤森の方が断然上で、フリーになったばかりの田中は、男性に媚びた雰囲気を出しては女性に批判されることが“売り”みたいなところがあった。自ら進んで藤森のことを話すという戦略的な部分もあったと思います。その結果、田中の恋愛観や心の闇といった部分が明るみに出るにつれ共感する女性が増えていき、あっという間に女性から支持されるタレントに変わりました。今では女優だけでなく美容家としても大成功を収めており、立場的にも完全に逆転したと言っていいでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に