増位山太志郎
著者のコラム一覧
増位山太志郎元大相撲力士

1948年11月、東京生まれ。日大一中から一高。初土俵は67年1月場所、最高位は大関。引退は81年3月場所。引退後は日本相撲協会で審判部副部長を務めた。74年「そんな夕子にほれました」、77年「そんな女のひとりごと」などがヒット。画家として二科展入選の常連。「ちゃんこ増位山」(墨田区千歳)を経営。

<10>歌は水物です…「そんな夕子にほれました」はヒットすると思っていなかった

公開日: 更新日:

 子供の頃は力士より歌手になりたいと思っていたことは前にお話ししました。先代増位山の親父も歌が好きだったことと力士から演芸評論家になった小島貞二さんに勧められたのがキッカケで「いろは恋唄」(1972年)を出しました。

「いろは恋唄」は作詞が小島さん、作曲が山路進一さんでした。レコーディングの時のことは今でも覚えていますね。場所は赤坂のホテルニューオータニの裏通りのスタジオです。レコーディングが始まって、スタジオでマイクを通して初めて自分の声を聴いて「これが俺の声なの?」と変な気がして、驚きました。今でこそ普通に自分の声を聴けるけど、当時はマイクを通した声を聴く機会はなかった。自分の声がわからず、まったく素人と同じでした。

 レコードを出すようになってから「いい声だ」と褒められたりしたけど、僕自身はそう思ったことはなかったですね。

 レコーディングも面食らいました。当たり前だけど、素人だからどうやるのかまったくわかっていなかった。その頃はバンドが生演奏して同時録音するやり方から、録音したのを切ってつなぐ方法に変わったばかりでした。でも、それらもすべてが初めてのこと。当時は切ってつなぐのが結構大変で2日がかりになりました。

 契約もいい加減でしたね。「いろは恋唄」はキャニオンレコードの当時の社長もやってきたのに契約をしないの。何枚売れたかもわからない。歌唱印税もなかった。B面は「でっかくいこうぜ」という曲で、部屋の若い衆のヨイショ、ヨイショという掛け声が入っていてね。全部、身内で作っちゃったようなものでした。

 2枚目の「両国エレジー」(73年)は呼び出しの三郎に「関取、レコード出しましょうよ」と誘われ、CBSソニーから出しました。ギターの伴奏だけの軍歌を力士の替え歌にした曲でした。この時は5万円もらったのかな。今なら20万円か30万円だと思います。

困ったのは、結婚式では歌えなかったこと

 最初のヒットになった3枚目の「そんな夕子にほれました」(74年)は故・初代林家三平宅でお世話になっていた小島さんが女将さんの海老名香葉子さんにお願いして詞を書いてもらった曲です。「夕子」はお手伝いさんの名前です。前の2曲ともまったく売れなかったし、それがまさかあんなにヒットするとは思わなかった。世の中、何が本当に起きるかわからないものです。

 この時に思ったのは曲が売れるか売れないかはまったくわからないということ。歌は水物です。後からは何とでも言えるけれども。一人ぼっちの女、ナイトクラブの女……暗い過去を持つ女を「夕子」という名前にして素直に歌ったことが時勢というか、時代に合っていたということなんでしょうね。

 困ったのは「そんな夕子」は結婚式では歌えなかったことです。暗い過去をずっと歌っているので、お祝いの席にはそぐわない(笑い)。

 発売されて毎日1万枚、2万枚が売れました。ラジオや有線も鳴りっぱなしです。当時はヒットすると、レコードジャケットが欲しくて記念に買う人もいました。今でいうジャケ買いです。それを宝物みたいにして持っている人も多かった時代です。CDが売れない今とは大違いです。

 そして、3年後に出した「そんな女のひとりごと」が130万枚のヒットになりました。=つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去