大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

公開日: 更新日:

「なんだ、ニュースウオッチ9(NHK総合夜9時)のテレビ朝日版かよ。いや、NHK時代よりおとなしくなっちゃったんじゃないの」――。

 今月からスタートした「報道ステーション」(テレ朝系夜9時54分)の大越健介キャスターにそんな声が上がっている。安倍晋三元首相に目の敵にされた直球コメントに加えて、民放らしいひねりの利いた変化球を期待したのに、へなちょこ球ばかりで、永田町や霞が関に厳しめの報ステの新しい看板としては、なんとも物足りないというわけなのだ。

 たしかに、岸田文雄首相が生出演した時も、「新しい資本主義」「成長と分配」を唱えるだけの露骨な選挙向けパフォーマンスだったのに、大越はツッコむこともなく、「わかりました」「きょうは総理大臣にお話をうかがいました」とユルかった。猫をかぶっているのか。

「かつては、久米宏古舘伊知郎TBS系『NEWS23』の筑紫哲也のように、旗幟を鮮明にして、クセの強さで番組の人気を引っ張った時代がありました。視聴者は彼らに『今晩もズバッと切ってほしい』と楽しみにし、政界や経済界は何を言われるかとヒヤヒヤでした。いまは逆で、色がないことが求められるんです。はっきりした発言をしたり、目立つとすぐSNSで炎上します。言いがかりや誹謗中傷であっても、スタッフは対応に振り回され、番組イメージは損なわれます。大越さんは、“目立ちすぎずに存在感を出す”というあたりを、自分の立ち位置と心得ているのではないでしょうか」(テレ朝OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…