ボーイズグループオーディションの竜頭蛇尾 メンバー決定時が人気ピークでデビュー後失速

公開日: 更新日:

 このところボーイズグループオーディション番組が活況だ。4月から日本テレビとHuluでオーディション過程を放映した「The First」から、7人組のBE:FIRST(ビーファースト)が誕生。来月3日にメジャーデビューを予定している。

 NiziUの生みの親、J.Y.Park(49)もまた「Nizi Project Season 2」として11月からボーイズグループオーディションを全国で開催。20年にデビューした11人組、JO1(ジェイオーワン)も、韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」出身で、同番組は日本のボーイズグループオーディションブームの先駆け的存在だ。

■「早めに売りたい」音楽業界の事情も

 オーディションの過程を毎週放送し、メンバーが厳選される中、課題曲を先行リリース。デビューまで盛り上げ、まるで自分が“育成ゲーム”に参加しているかのような感覚でファンを取り込んでゆくのが特徴。ところが注目度は、メジャーデビューがピーク、その後失速しがちという難点も浮かび上がってきた。音楽評論家の富澤一誠氏がこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感