小泉進次郎氏が「親ガチャ」論争でなぜか“神扱い” 境遇を「シークレット級」と羨む声

公開日: 更新日:

「これまで4期の小泉さんばっかりにスポットを当てられてた気がするんですけど、小泉さんよりもっと能力のある人がいっぱいいる」

 10日に放送された読売テレビ「そこまで言って委員会NP」で、元衆議院議員の金子恵美氏(43)から名指しされていた政治家が小泉進次郎前環境相(40)だ。

 金子氏は岸田政権で総務会長に抜擢された福田達夫議員(54)と同期だったことを踏まえ、「(議員時代)若手議員の中では、小泉さんよりもっと優秀な若手はいっぱいいるのにな、と(思っていた)」と明かし、やんわりと小泉氏を“口撃”。他の出演者から笑いを誘っていた。

 自民党広報本部長に就いた河野太郎議員(58)を総裁選で支援し、大臣から無役となった進次郎氏。テレビの露出回数が減って話題も少なくなったのかと思いきや、そうではなかった。最近、ワイドショー番組などで特集が組まれるほど白熱している「親ガチャ」議論をめぐり、進次郎氏が再び注目を集めているのだ。

「親ガチャ」とは、カプセルトイの「ガチャ」をなぞらえ、若者たちの間で流行している言葉だ。お金を入れてカプセルが出てくるまでは中身の商品が分からない状況を人生に重ね、「子どもは親を選べない。どういう環境に生まれるかは運任せ」という、どちらかといえば否定的な意味合いで使われている俗語なのだが、その「親ガチャ」論争で進次郎氏は“神扱い”されているというのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に