著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

TBSは社運懸けた「THE TIME,」スタート 朝のワイドショーバトルをバッサリ斬る!

公開日: 更新日:

水卜麻美、羽鳥慎一は…

 4日月曜の冒頭、朝焼けのスカイツリーの映像をバックに「おはようございます。新しい『ZIP!』になって半年が経ちました。もう半年なのか、まだ半年なのか。個人的にはこんなに決まらない半年というのは人生で初めてです。どちらに感じていただけるのかちょっとわかりませんが、半年お付き合いありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と深々と頭を下げる水卜麻美アナウンサー。

 いつも以上にかしこまっているのにはワケがあった。この日から(厳密に言えば前週金曜からだが)、ほぼ同時間帯にTBS系の「THE TIME,」がスタート。強敵の安住紳一郎と競うことになったからだ。水卜ちゃんの決意表明ともとれる挨拶はともかく、番組の方はというととくに変化はなく、キンプリとのコラボ企画でファンを取り込もうという作戦で、相変わらずのジャニーズ頼み。

 テレビ朝日系「グッド!モーニング」。こちらはプチリニューアルでエンタメ担当に山本雪乃アナが加入。「羽鳥慎一モーニングショー」のリポートでダジャレを連発するなど、テレ朝には珍しく、陽のアナウンサーなので番組を少しは明るくしてくれるかも!?

 フジテレビ系「めざましテレビ」は王者の風格かとくに変化もなく、いつも通りの芸能&スポーツや時々ニュースを。

安住紳一郎の無駄遣いか

 そして、TBSが社運を懸ける「THE TIME,」。「日本の朝が見える」ということで日本各地の朝が後ろの画面に映るのはうれしい。さらにローカル局との中継もいい。他局を見ればグルメやイベントも東京中心の話題と芸能情報ばかりだしね。

 かつて「ズームイン‼朝!」で徳光和夫が「プロ野球イレコミ情報」でカープの広島、タイガースの大阪、ドラゴンズの名古屋を結んで活気があった頃を思い出す。

 ところが、フタを開ければ1日2局では寂し過ぎる。しかも、28局も系列局があるのにMBS毎日放送ばかり出てくるのはなぜ? もっといろんな局からの中継とローカル局のアナウンサーとのやりとりが見たいのに。

 安住もキャスターというより進行係をやらされている感じ。みのもんたをやれとは言わないが、もっと安住色を出してもいいのでは。

「日本の朝が見える」かもしれないが、「日本の未来が見えない」。報道のTBSがこんなことでどうする! これでは安住の無駄遣いでは。安住を「人寄せパンダ」にするなと言いたい。

 テーマ曲がオリジナルでなくゴダイゴの「銀河鉄道999」というのもがっかり。社運を懸けたのならテーマ曲は書き下ろせよと。なんだかんだ見切り発車の感否めず。あっ。だから「銀河鉄道999」なのか!

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変