霜降り明星・粗品は「3日で700万円負けた」 芸人“ギャンブル負け自慢”がTVを面白くする

公開日: 更新日:

 2日、コント日本一を決める「キングオブコント2021」(TBS系)の決勝戦が行われ、「空気階段」が14代目王者に輝き、賞金1000万円を獲得した。

 空気階段の鈴木もぐら(34)はギャンブル芸人として有名で現在、550万円の借金を抱えていると公言する。そんなもぐらが賞金の使い道を聞かれての第一声。「250万発ですか」。相方の水川かたまり(31)が、「パチンコで換算しないで」とツッコミを入れていたが、頭の中はギャンブルでいっぱい!?

 さらに翌日の「サンデー・ジャポン」(同)に出演した際も「奥さんが許してくれればちょっと勝負したいなっていうのはあるんですね。これからほんと、GⅠウイークが始まっていくんですよ」とギャンブル芸人の本領を発揮した。

 そしてギャンブルといえばこの人。霜降り明星粗品も無類のギャンブル好きで、先日「ボクらの時代」に出演した際にもマヂカルラブリー野田クリスタルからギャンブルの話を振られ、「3日で700万」負けたと告白、「吉本がすごく優しくて……借金を返すために今生きてます」などと言い、野田に「もうやめな。芸人はいくらでもやってること自体がギャンブルなわけだからさ、そんなんでヒリヒリする必要ないって」と諭される場面も。

坂上忍にも「1日6000万円負けた」武勇伝が

 一見、破天荒に見える野田が常識派なのには驚いたが、「いや、でも、今は借金を一撃でギャンブルで返さなアカン」と反論する粗品。芸人はこれくらい突き抜けた方がオモロいで。

「先日『おかべろ』(フジテレビ系)で坂上忍ボートレースで『1日6000万円負けた』と武勇伝を語っていたが、今やギャンブル狂は絶滅危惧種。かえってタレントとして希少価値が上がるのでは!?」(テレビウオッチャー)

 ギャンブル話はわかりやすいのもいい。サラリーマンみたいなタレントばかりではテレビがつまらないのは当然。ギャンブラーこそテレビを面白くする!

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」