芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

「研音」退所の片瀬那奈に大手芸能事務所が接触? 疑惑を払拭し再スタートを切れるのか

公開日: 更新日:

 片瀬那奈(39)が、9月30日をもって芸能事務所「研音」を退所した。このニュースが流れると、マスコミは一斉に"事実上のクビ"、"芸能界からの引退も"などと辛辣な言葉を並べた。所属事務所の大きな後ろ盾を失い、テレビに出演しようにもスポンサーがそれを許さないだろう……というのが大方の見立てだ。片瀬は本当にこのまま消えていくのか。ベテラン芸能マネージャーに聞いてみた。

「薬物に関するニュースが度々報じられてきた彼女に対する印象は確かに限りなくグレーですが、ひとりのタレントとして客観的に彼女を見れば、まだ十分に活躍する余地は残されていると思います。良くも悪くも全国に名前が知れ渡っているわけですから。片瀬レベルのタレントをこれからイチから育てようと考えれば、とてつもない時間とお金と労力が必要になってきます。それを考えれば、既に完成品である彼女にアプローチをかける事務所が現れても不思議ではありません。実際、すでに接触した事務所もあると聞きます」

 2019年11月に片瀬が妹分として可愛がっていた沢尻エリカ(35)が薬物所持で逮捕されたときも、片瀬の名前が何度となく取り沙汰された。にもかかわらず所属事務所が何らかのアクションを起こさなかったのは、いたずらに彼女を刺激したくなかったからかもしれない。さらに取材を進めてみると、今度はドラマ関係者の間からこんな声が漏れてきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾