眞子さまと小室圭さんが、Netflixと巨額契約した「ヘンリー王子&メーガン妃夫妻」と異なる点

公開日: 更新日:

 9月27日、一時帰国のため、成田空港に降り立った小室圭さん(30)を150人ほどの報道陣が待ち構え、日本国内ではハリウッドスターさながらの過熱報道ぶりだったが、ポニーテール姿の小室さんに注目したのは、日本のメディアだけではなかった。ワシントン・ポストやBBCなどの海外メディアも、眞子さま(29)と小室さんに関心を寄せており、20年3月に英国王室を離れたヘンリー王子(37)とメーガン妃(40)夫妻になぞらえて報道するところも出てきている。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 ヘンリー王子やメーガン妃といえば、CBSなどのメディアへの出演のほか、書籍の出版契約、さらには、映像コンテンツ企業「Netflix」とドキュメンタリー番組の制作において、100億円以上といわれる巨額の契約を締結したと報じられ話題となった。そのため、一時金の辞退により物価高のニューヨークでの生活が困窮すると思われる眞子さまと小室さんのもとに同様の話が持ち込まれ、ヘンリー王子夫妻から眞子さまと小室さんへのアドバイスがあるなど、両夫妻の交流の可能性までいわれるようになった。

「眞子さまが一般人になれば、メディア出演や出版だけでなく、さまざまな人と自由に交流ができます。王室のないアメリカでは世界のロイヤルファミリー、とりわけ秘匿性の高い日本の皇室については非常に関心が高いため、一連の結婚騒動に触れられないにしても、皇族としての生活、心情の告白などがつまびらかになれば、強力なコンテンツになるでしょう。未だ金銭トラブルが未解決の小室さん母子には、お金にだらしないというダーティーなイメージがまとわりついているため、こうした話が舞い込めば飛びつくものといわれています」(女性週刊誌記者)

眞子さまは皇室を追い出されたわけではない

 しかし、眞子さまと小室さん、ヘンリー王子とメーガン妃では置かれている境遇が異なるという。

「英国王室に嫁いだメーガン妃の意向で、夫婦で勝手に王室を出ていき公務から引退した2人と、結婚によって皇室を離れ一般人として暮らす眞子さまと小室さんが、同じ境遇であるというのは全くの間違いです。母・佳代さんの私的な金銭トラブルによってお2人の結婚が国民の同意を得られなかったにしても、父親である秋篠宮さまからはきちんと結婚を認められ皇室を追い出されたわけではないので、今後とも秋篠宮家をはじめ皇族との交流は続きます。小室さん、佳代さんも当然、親戚づきあいがなくなるわけではありません。ですから、皇室に関する暴露話をするというのは到底あり得ない話でしょう」(皇室ジャーナリスト)

 ヘンリー王子とメーガン妃は、要人との交流、チャリティーライブなどにも積極的に参加するなど、セレブとしての活動がクローズアップされることが多いが、眞子さまと小室さんはむしろ目立つような活動は避ける方向にあるという。

「『複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)』と診断された眞子さまだけでなく、小室さん母子もバッシングに苦しんできています。特に、小室さんの場合、ほぼ自由業であるヘンリー王子と違い、M&Aなどを取り扱う企業法務を担当するため、こうした活動にうつつを抜かしている時間はないでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 しかしながら眞子さまと小室さんのニューヨーク生活が、世界的に注目を集めていることは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に