おぼんこぼんはTBS“水ダウ”で和解したが…漫才コンビ「仲がいい・悪い」の境界線

公開日: 更新日:

「水曜日のダウンタウン」(TBS系=6日)で、不仲の漫才コンビ「おぼん・こぼん」の仲直りドキュメント「おぼん・こぼんTHE FINAL」が放送され、紆余曲折の末、コンビ解散は回避された。

 2週にわたって放送された同企画は大反響となり、終了後はツイッターのトレンドワードで「おぼん・こぼん」が2週連続で1位になるほど。

 高校の同級生で仲がよかったおぼん(72)とこぼん(72)は1965年コンビ結成。80年「お笑いスター誕生」で10週連続で勝ち抜きグランプリを獲得。以降、東京の漫才を牽引するかたちで浅草東洋館の舞台に立ち、演芸番組にも出演を続けてきたが、10年ほど前から不仲が顕著に。2015年に行われた「漫才協会」の理事長選挙での順位をめぐり不仲は決定的になったという。そこに目をつけたナイツがプレゼンテーターとなり展開されていたのが同企画だ。

「東洋館でも楽屋は別。漫才はセンターマイク1本でしゃべるのが定番ですが、舞台の上手と下手から別々に登場し、それぞれハンドマイクを持って舞台の両脇に立ち、最後まで一切、目を合わせることなく、時折、不仲ネタも織り込みながら漫才をしていました。しかしタイミングはバッチリ。ある意味名人芸でした」(芸能関係者)

 しかし今回、「漫才は続けたい」ということでハッピーエンドとなったふたりだが、決して完全な“仲直り”というわけでもないようだ。

ダウンタウンも「死ぬほど仲悪い時期」があった

 コンビ仲を巡っては、そもそも同番組のMCを務めるダウンタウンの松本人志(58)自身、相方の浜田雅功(58)との関係について、かつて「死ぬほど仲悪い時期が10年ほどあった」と語っている。

「昨年、ナイナイ岡村の失言騒動でラジオ出演した矢部の口からも、図らずも『ナインティナイン、最近、うまくいってないやんか』と不仲が吐露された。コンビ仲がよくない芸人はたくさんいる一方で、コンビ仲がいい『サンドウィッチマン』や“コンビ愛”をアピールする芸人もいます」(前出の芸能関係者)

 漫才コンビの仲がいい悪いを分けるものは何なのか。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう分析する。

「夫婦のことは当人たちにしか分からないようにコンビのことは当事者にしか分からないと言ってしまったら身もフタもないですが、そんなところはあると思います。そもそも『漫才コンビは仲がいいはず』と多くの人が思い込んでいるところに、本人たちの認識とギャップがあります」

 ラリー氏はこう続ける。

「高校時代の親友であれ、養成所で出会った同志であれ、仲がいいだけではコンビは決して続かない。まあ、何をもって仲がいいのかと考えていくとキリはないのですが、一般の会社社会でも、いい大人は、『ウマが合う』とか『気が合う』などがあったとしても、一定の距離はありますよね。コンビも同じで“共同経営者”“ビジネスパートナー”として、仲の良し悪しだけでは語れない関係性があると思いますね。かつて松本人志は、それぞれピンでの活動が増え、浜田がウケているのをテレビで見た時に、『誰よりもうれしいし、誰よりもハラが立つ』と言っていました」

 コンビには、外からは分からない愛憎の機微が存在するということか。しかしそれでここまで世間の注目を集めるのは、さすがキャリア50年超えの名エンターテイナーのおぼん・こぼんならでは、と言えそうだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す