伊藤さとり
著者のコラム一覧
伊藤さとり映画パーソナリティー

映画コメンテーターとして映画舞台挨拶のMCやTVやラジオで映画紹介を始め、映画レビューを執筆。その他、TSUTAYA映画DJを25年にわたり務める。映画舞台挨拶や記者会見のMCもハリウッドメジャーから日本映画まで幅広く担当。レギュラーは「伊藤さとりと映画な仲間たち」俳優対談&監督対談番組(Youtube)他、東映チャンネル、ぴあ、スクリーン、シネマスクエア、otocotoなど。心理カウンセラーの資格から本を出版したり、心理テストをパンフレットや雑誌に掲載。映画賞審査員も。 →公式HP

「007」ダニエル・クレイグのボンド卒業作 これまでと明らかに違うことは?

公開日: 更新日:

 現在、公開中の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、6代目ジェームズ・ボンドとなるダニエル・クレイグのボンド卒業作品としても話題を呼び、全国週末動員ランキング初登場第1位という大ヒットとなっています。

 その理由としては、ボンド役のダニエル・クレイグが女性にも人気があることに加え、『007』自体が長年のシリーズファンでなくても、それぞれの俳優が演じたボンドシリーズだけでも楽しめるという認識が浸透したことで、1962年にスクリーンに登場した初代のショーン・コネリー(1~5作、7作)、2代目のジョージ・レーゼンビー(6作)、3代目のロジャー・ムーア(8~14作)、4代目のティモシー・ダルトン(15作、16作)5代目のピアース・ブロスナン(17~20作)というように、〇〇版ボンドとして気軽に見られるようになったことが要因ではないでしょうか。

「女性を本気で愛する」ダニエル・クレイグ版ボンドの魅力

 特にダニエル・クレイグ版ボンドの第1作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)は、007になる前の荒削りジェームズ・ボンドの物語として、007初心者と同じ目線で「00」という“殺しのライセンス”を持つ男の成長を見守ることになるので、新規のファンを多く取り込む結果を生みました。

 しかもダニエル・ボンドはヴェスパーというひとりの女性を本気で愛した人間味溢れる男であると1作目で認識されたこともあり、その後、感情面でもドラマティックな展開を迎えていくことになります。

 そこから物語は、『007/慰めの報酬』(2008)、『007/スカイフォール』(2012)と続き、4作目の『007/スペクター』(2015)ではマドレーヌという女性と再び本気の恋に落ち、そして今回の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で“愛と復讐の物語”が最終章を迎えるのです。

MeToo運動を経て、新世代の“ボンドウーマン”

 さて、今作ではこれまでとは明らかに違う注目すべき点が2つあります。それは「ボンドガール」という呼び名から「ボンドウーマン」への変更、そしてシリーズ初の「00」=殺しのライセンスを持つ女性キャラクターの登場です。

 そこは現在配信でも見られるドキュメンタリー「ジェームズ・ボンドとして」でも言及されていますが、世界的に広がったMeToo運動を意識して女性の活躍を増やすことを『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でも心がけたと女性のプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリが話しています。

■黒人女優のラシャーナ・リンチを起用

 彼女は以前から『007』シリーズに関わっており、ピアース・ブロスナンやダニエル・クレイグといった女性に人気の俳優を起用した立役者と言えるのではないでしょうか。しかも本作で登場する「00」役には『キャプテン・マーベル』(2019)にも出演する黒人女優のラシャーナ・リンチを起用。彼女がボンドと肩を並べるほど有能なスパイであることが本作では描かれています。

 これからは、女性でも「00」のコードネームを貰えるという英国紳士の代表格的な映画での改革。それでも男性ファンの思いも忘れずに、愛くるしい顔立ちが魅力の女優アナ・デ・アルマスがCIA新米女性エージェントに扮して登場。今回のボンドウーマンとして、胸元がざっくり開き、スリットの入ったセクシーなドレスで華麗なアクションを披露してくれるのが、往年の『007』ファンも満足させる要因になったのではないでしょうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ