TOKIO松岡昌宏も主演で評価急上昇 自信がある役者ほどWOWOWドラマに出たがるワケ

公開日: 更新日:

 TOKIO松岡昌宏(44)の評価が急上昇している。9月26日に最終話を迎えたWOWOWの連続ドラマW「密告はうたう 警視庁監察ファイル」で主人公の佐良正輝を演じた。

 佐良は“警察の中の警察”といわれる警視庁人事1課(通称ジンイチ)の監察係主任。ある殺人事件の捜査中に後輩刑事を殉職で失い、捜査1課からジンイチへ異動し、同僚から疎まれつつ職務をこなす孤独な男だ。

「佐良は、監察係という特殊な職務ではありますが、仕事や人間関係にも悩む普通の中年男です。松岡本人も撮影時にはテンションを抑えていたなどと話していましたが、奇をてらうでも大げさでもなく、年齢なり、等身大の男を演じ切った。松岡の抑制の利いた演技にはうならされました」(テレビ誌ライター)

 松岡といえば、昨年の4月期に第4シリーズが放送された「家政夫のミタゾノ」の女装の家政夫のように、ややエキセントリックな役柄のイメージが強いが、佐良を演じたことで「役者としてひと皮もふた皮もむけた」(制作会社スタッフ)ともっぱらなのだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮