トレンド入り「ドリフに大挑戦SP」が投げかけた“痛みを伴う笑い”の本質と価値

公開日: 更新日:

 26日に放送された「ドリフに大挑戦スペシャル」(フジテレビ系)は、過去のコント映像を流すいつもの特番とは違い、サンドウィッチマン劇団ひとり、ハライチ澤部、アンミカ、磯山さやから、総勢30人の“ドリフラバーズ”が往年のドリフのコントに挑戦するという異色の企画だった。

 高木ブー(88)、仲本工事(80)、加藤茶(78)のドリフターズメンバーも出演し、カンニング竹山、澤部らによる「もしも威勢のいい風呂屋があったら」、Snow Manの「ヒゲダンス」など、全16本の名作コントが再現された。

 しかし、往年のドリフのコントだけあって、タライは落ちてくるわ、一斗缶で頭は叩くわ、水浸しになるわで“痛みを伴う笑い”のオンパレード。

 BPO(放送倫理・番組向上機構)が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議対象とすることを表明し、大晦日の「笑ってはいけない」(日本テレビ系)は休止。関係者は否定しているものの、休止にはBPOの影響も取り沙汰される中、堂々と痛みを伴う“ベタな笑い”を見せつけた格好だ。

 コントに挑戦した出演者たちは、「タライが落ちてくるとかパイを投げるとか、あんなんやりたくてお笑いやってるので、今回できたなって感じ。我々コメディアンが受け継いでいかなきゃいけない」(サンドウィッチマン)、「両親が生きていたら、一番見て欲しかった番組です」(アンミカ)など、ブログなどで大喜び。

 SNS上は「最高に笑いました!」「現代らしくコントが成立してる」などのコメントが相次ぎ、一時は「#ドリフに大挑戦」がツイッターのトレンドワード入り。視聴率でも、テレビ朝日系の「ポツンと一軒家」(15.6%)と日テレ系「イッテQ!」(10.1%)の日曜夜の“2強”に続き、9.4%と大健闘した(ビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯)。

「一種の古典芸能」

 リーダーのいかりや長介が他界して17年、昨年は志村けんも新型コロナでこの世を去った。

 ドリフの十八番ともいえる「痛みを伴う笑い」について落語家の立川志らく(58)は自身のツイッターで、「ルールの中で楽しむ。笑いも同じです。殺人の映画も同じ」「痛みを伴う笑いがダメとなるとドッキリはどうなる? ヤクザに絡まれる、落とし穴、幽霊に驚かされる、全部ダメになる。そのうち芸人は人に笑われる商売だから人格否定につながるのでその存在すら否定されてしまったり。芸人って本来非常識な存在。それを笑いに変えて人々を楽しませる」など持論を展開している。

 お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「今回、ドリフが昔やっていたネタを今の芸人がやるという前提がありましたが、今の芸人がやっても面白いということが証明されました。ただ、この手のネタをそうした文脈なしに当時を全く知らない今の若い人が見たら、不快だと思ってしまう人もいるでしょう。一方、コントはお芝居の延長であり、痛そうに見えても痛くないとか、芸人の腕の見せどころでもあります。そうした意味ではドリフのコントは一種の古典芸能のようなところがあると思います」

 現在、第一線で活躍する芸人たちによって、昭和から令和の時代にリブートされた“痛みを伴う笑い”はコントの王道といえるだろう。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外