二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

“人気YouTuber”宮迫博之も手越祐也も…失って初めて知ったテレビの偉大さ

公開日: 更新日:

「散々お金儲けして、辞めて、隠居したい」

 元「雨上がり決死隊」の宮迫博之が自身のユーチューブで発した言葉からさまざまなことが読み取れる。

 一般人に限りなく近い芸人の身になった宮迫。事務所の縛りもなく自由にしゃべれる環境が生んだ本音発言と思う。後日、現役時代の最高月収を聞かれ「3000万円」と明かしていたが、所属していた吉本興業からマネジメント料を引かれてもこの金額は驚き。いかに仕事も人気もあったかを物語る。

「売れた頃、振り込まれるお金の桁数を何度も数えて額を確認した」という話を旧知のタレントから聞いたが、サラリーマンでは考えられない収入は芸能界の魅力のひとつ。「一発屋」と呼ばれた芸人が全盛期の収入を打ち明けるケースと似ている。

「一発屋で稼げる話は芸人志望者に夢を与える効果もあったが、当人はシビア。仕事が減れば、我に返るように地道に営業活動する」(芸能関係者)

 地道な活動を続ければ助ける人も現れる。「ゲッツ」の一発芸で一世風靡(ふうび)したダンディ坂野も地道に活動をしていた甲斐があって「ピークを知る男。」の電車広告に起用された。宮迫の発言もよく似てはいるが、意味合いは違う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」