“ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

公開日: 更新日:

 小室圭さん(29)が今月27日にも一時帰国し、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)とおふたりで記者会見に臨むようだ。FNNは24日午前5時ごろ、マンハッタンの街の中を歩く小室さんの姿をキャッチ。ロン毛になった小室さんの最新映像に目を奪われる人が続出した。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

浜辺美波は“さわやか”交際発覚

 この“小室さん旋風”によって救われた芸能人も少なくない。そのひとりが、週刊文春の最新号で男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のRyuga(24)との交際を報じられた浜辺美波(21)だろう。今年の「上半期テレビCM放送回数ランキング」女性部門1位にも輝いた、大ブレーク女優の初めての熱愛報道の割に、さほど騒がれていない。

「浜辺さんは今をときめく若手女優ですが、今回の熱愛報道はドロ沼不倫みたいなスキャンダルではありません。同世代の若者同士が愛犬家という共通点があり、距離を縮めたという“さわやか交際”で、今後を温かく見守りたいと思う人も多そうです。それに比べると、小室圭さんの3年ぶりの帰国というこってりしたニュースはインパクトが大きい。“海の王子”と呼ばれた脂ギッシュな男性がロン毛をなびかせて空港に到着する瞬間は大きな注目を集めるでしょう。その後も眞子さまとの婚姻届の提出、夫婦そろって渡米とイベントがたくさんあるとみられています。普通の芸能ニュースでは“小室さん旋風”に太刀打ちできません」(芸能評論家の佐々木博之氏)

手越祐也と宮迫博之も…

 週刊文春は浜辺の熱愛を報じた9月30日号で「8歳少年が死亡 ボートひき逃げ社長」の見出しとともに手越祐也(33)の写真を掲載したが、こちらもあまり話題にならなかった。

「2020年9月、福島県会津若松市の猪苗代湖で、男女4人が水上スキーの順番待ちのために湖面に浮いていたところにプレジャーボートが突っ込み、当時8歳の男児が死亡、その母親らが重傷を負う大惨事を発生させたとして先日、土木会社社長の男性が業務上過失致死傷の疑いで逮捕されました。文春が掲載した写真では手越さんが男性社長とピースサインをつくって笑っています。もう少し物議を醸すかと思ったのですが……」(全国紙社会部記者)

 手越は写真撮影を求められるとファンサービスとして快く応じることも多い。すでにジャニーズ事務所所属のタレントではないことも話題にならなかった理由かもしれない。

「8月に『雨上がり決死隊』を解散し、その後の報道をめぐりネットメディアとしばらく緊張状態にあった宮迫博之さんの話題もさほど取り上げられなくなりました。宮迫さんのネタが飽きられたこともあると思いますが、やはり小室圭さんの帰国報道には勝てないということでしょう」(佐々木博之氏)

 間もなく小室さんは帰国する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に