細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

飯野矢住代誕生秘話<16>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

公開日: 更新日:

 12月22日、午後7時15分、広尾の日赤中央病院(現・日本赤十字社医療センター)で2150グラムの男児を出産した飯野矢住代は、父親となったジョニーに見守られながら再び眠りについた。しかし、喜びも束の間、午後10時ごろ、インターホンから「飯野さんのご家族の方、すぐ看護室に来て下さい」というナースの声がジョニーの耳に届いた。

「お子さんが呼吸困難に陥っています、さっきチアノーゼを起こしたんです。最善の処置はしていますが、助かるかどうか、五分五分です」

 生まれたばかりの男児が危篤状態に陥っていた。「容体は一刻の猶予もない」と説明されたジョニーは、そのまま院内で一夜を明かした。しばらくは小康を保っていたが「どう転ぶかわからない」とも聞いた。23日もジョニーと矢住代の母の辰子は、待合室でじりじりとしながら経過報告を待った。

 その間、ジョニーも辰子も何度か矢住代とも面会している。当然この件は矢住代の耳に入れなかった。「何かあったの?」といぶかしそうな彼女に、「ううん、別に何もないよ。余計なことを考えないで今はゆっくり休んで」とジョニーはシラを切り通した。矢住代はこくりとうなずくと再び眠りに落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況