松坂大輔“第二の人生”は妻の古巣「日テレ」で解説者デビューか 古参の江川卓はお払い箱に…

公開日: 更新日:

 今シーズン限りで現役引退を発表した西武ライオンズの松坂大輔投手(41)。今後の身の振り方が注目される中、球界には残らず、解説者として第二の人生を歩むという情報が浮上している。

「第1希望は日本テレビだそうです。松坂の妻は元同局で人気アナだった柴田倫世だけに、局内には彼女の同期がスポーツ局にいて相談できる環境にあります。また、高校時代に甲子園で松坂とライバル関係にあった同局の上重聡アナもいますし、日テレが本命でしょう」(日テレ関係者)

■ギャラ高騰の江川はリストラ?

 松坂の再就職希望に対し、日テレサイドも前向きに検討しているという。というのも、同局で野球解説者として、またスポーツ番組「Going! Sports&News」土曜版に出演している江川卓(66)に“卒業話”が持ち上がっているようなのだ。

「実情は卒業という名のリストラです。前枠に放送されていた『スポーツうるぐす』や『SUPERうるぐす』を加えると出演歴は27年。その結果、番組1回当たりの出演料は150万円を超え、野球中継の解説も高騰している。日テレの野球関係者で長嶋茂雄に次いで高額なギャラだとか」(前出の日テレ関係者)

 つまり、江川の穴埋め要員として松坂の名前が取り沙汰されているというわけなのだ。

「本来、松坂は西武ライオンズのフロント陣として残留することが希望で、ピッチングコーチなどを希望していたようです。しかし、球団からそうしたオファーはなかったようです」(プロ野球関係者)

柴田と上重アナが後押し

 こうした厳しい事情もあり、松坂のギャラはかなりリーズナブルな金額に落ち着くのではないかという。

「1試合で30万~50万円、番組出演料も30万円からと言ったところでしょうか。日テレにしたらプロ野球はもはや視聴率の取れないオワコンなんです。柴田や上重アナの推しがなければまず実現しないキャスティングでしょう。本人はタレント転向も考えているようですが、トークが苦手なようです」(別の日テレ関係者)

「平成の怪物」と呼ばれた松坂の栄光も、令和の時代のテレビ界にとってはもはや昔話。多くの元プロ野球選手がセカンドキャリアに苦しむ中、仕事があるだけ御の字か。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号