平子理沙がピンクヘアーにミニスカ姿…抗う50歳の"奇跡"は本当にミラクルなのか

公開日: 更新日:

〈ピンクがとても似合っています!〉〈かわいい、憧れです!!〉〈スタイル維持されてて、とても素晴らしい〉と、インスタグラムを更新すれば、信者たちが大盛り上がりする。最近も30代、いや20代のようなピンクヘアーやミニスカ姿を披露しているのがモデルの平子理沙だ(50)だ。

 インスタ上では、大きなリボンをつけてあひる口をキュッ。首をかしげて微笑む姿などに、確かにかわいいと思わせるような写真が多く掲載されている。ところが、"奇跡の50歳"という見出しがついたニュース記事を見てみると、批判的なコメントが大量についていることに気付く。

〈何が奇跡なんだ? 普通に50歳でしょ〉〈怖いし、痛いし、作り物感がすごい〉、〈奇跡じゃなくて、加工でしょ〉といった辛辣な意見が目立つ。

「平子さんは確かに美しい。というか美しかったと思います。でも、50歳らしい美しさ、内面からにじみ出るような美しさは、申し訳ないですがあまり感じられません。最近、キャメロン・ディアスが盟友ドリュー・バリモアのインスタに登場したニュースを見ましたが、しわが増えて、おばあさんになりましたが、あれが内面からの美しさというものでしょう。年齢に抗っていない歳のとりかたです。日本人でも夏木マリさん、石田ゆり子さんなどは年齢に抗わない美意識を持っている印象がします。美を追求したくなるのは女性の本能ですし、若い女性ばかり追いかける幼稚な男性が平子さんのような、"抗う50歳"を生み出してしまっているのかもしれません。ただ、50歳にもなると、見た目の美しさだけでは通用しないのが、世の常といえます」(美容に詳しいライターの松庭直氏)

 年齢を重さねた美しさもある。例えば、熊谷真実(61)、真矢みき(57)のように、自分らしさ、自分の生き方を貫き「きれいに見えてしまうような人」こそ、奇跡といえるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号