韓流ドラマ「悪い愛」で注目 元RAINBOWオ・スンアの“悪女”ぶり

公開日: 更新日:

韓流ドラマ「悪い愛」(BSフジ・毎週月~金曜・午前10時)

「ヒロインが過酷な運命に翻弄されるパターンが多い韓流ドラマの中でも、ひときわすごいと感じた」

「昼ドラのようなドロドロとした愛憎劇。元アイドルが演じる悪女も見ごたえがあった」

 15日からスタートしたドラマのユーザーレビューは高評価が目立つ。

 主な登場人物は巨大ファッション企業NOYUグループの「会長の息子」という肩書に悩まされているジェヒョク(イ・ソンホ)と、その異母兄弟のミニョク(ユン・ジョンファ)。ソウル市内で母が経営する小さな生地店を手伝うソウォン(シン・ゴウン)と、幼いころ両親を亡くしてソウォンの家庭で育てられたヨンス(オ・スンア)だ。

 物語は、ソウォンの双子の姉でジェヒョクの婚約者ウネ(チャ・ミンジ)がNOYUグループ所有の車で事故死したのをきっかけに展開する。ジェヒョクは婚約者の命を奪った事故の真相を探るために一度は離れたNOYUグループに戻り、ソウォンも姉の死の真相を暴こうと入社。2人はお互いの関係を知らないまま、それぞれに真相解明に奔走する。一方、ジェヒョクに強い劣等感を抱く弟ミニョクは、悲しい過去を持つ魔性の女ヨンスに操られ、悪事を重ねながらグループの後継者の座を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号