眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

公開日: 更新日:

 企業法務への関心が高いといわれる小室さんは、ロースクール在学中に企業のクラウドファンディングに関する論文を発表しているが、仮に実力ではなく、こうした虚偽の履歴書や眞子さまの名前を利用して就職を勝ち得ても問題ないのか。

「小室さんは特別枠での採用だと推測されるので、仮に虚偽記載があってもさして問題にはならないはずです。むしろ日本のプリンセスの夫であることで小室さんはかなり優遇されるでしょう」(米国の大手法律事務所で勤務経験のある弁護士)

 さらに、1年目から2000万円近い年収がもらえる激務に小室さんは耐えられるのか。

「最初の3年ほどはアソシエイトとしてさまざまな案件の仕事が振られ、その中で将来どの分野を専門にしていくかを見極めていくことになります。小室さんは企業法務を志望しているそうですが、特に報酬が高いМ&Aを担当する場合、締め切り期限が短いため寝る時間がないほど忙しくなります。私自身、数千億円レベルのディールを担当した際に、役所に提出する書類だけで1メートルほどの高さになり、週に5時間ほどしか寝る時間はありませんでした。体力だけでなく、激務に押しつぶされて精神的に病んで辞める人も少なくないため、タフでないとつとまらないでしょう。この4年ほどバッシングにさらされ続けても心を病むことなく、初志貫徹された小室さんなら、アメリカでのハードな弁護士業務にもじゅうぶん耐えられると思います」(前出の弁護士)

 アメリカで弁護士資格を取得し現地で就職をする日本人は多くないため、小室さんの活躍が見込まれるという。ニューヨークでの眞子さまの生活は安泰か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか