朝ドラ女優・杉咲花が“日テレ水10”で主演 高まるファンの期待と視聴率の重圧は…

公開日: 更新日:

 NHK連続テレビ小説史上、五本の指に入るほどのクオリティーと絶賛された「おちょやん」。そのヒロインを演じた杉咲花(23)の新作ドラマがついにクランクインした。「おちょやん」以来、半年ぶりとなる“待望の新作”だ。「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)で、原作はWEB連載で閲覧数累計2000万PVを突破した、うおやま氏の漫画「ヤンキー君と白杖ガール」。杉咲は盲学校高等部3年生・赤座ユキコを演じる。

 ユキコは「色がうっすらわかる」「ルーペを使えば大きい字を認識できる」程度の弱視のため、外を歩くときは白い杖を持つ。性格は気が強く、口は悪いが気を許すと天然でカワイらしい一面を見せる。そんなユキコが、誰からも恐れられている不良少年・黒川森生(演・杉野遥亮)と出会い、引かれ合っていくというストーリー。白い杖をつく弱視の女子高生という設定だけでも、かなりの難役だ。

「杉咲さんは『おちょやん』で、喜劇女優でありながら私生活では多くの悲劇に見舞われた女性の10代から40代までを演じました。戦前戦後を生き抜いた女性の喜怒哀楽、悲喜こもごもを22歳の杉咲が演じる姿には貫禄すら感じたほどです。彼女は朝ドラ出演を決めるにあたり、事前に企画書やドラマの概要をじっくり吟味したそうです。つまり、どのドラマに出演するかは杉咲さん次第ということでしょう。今回も彼女の希望が強かったと聞きます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格