大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

沢口靖子主演「科捜研の女」は東映のもとで映画化されたことに意義がある

公開日: 更新日:

 沢口靖子主演の「科捜研の女 -劇場版-」が公開中だ。面白い。コロナ禍の中、ダイレクトな問題提起を作品の中心点に持ってきた劇構造に見応えがあった。

 健康に好影響を及ぼす、ある細菌使用をきっかけに自殺とも殺人とも判別の難しい大学の細菌研究者の転落死が続く。ここに人類のために進化する目的があるとともに、見落としてはならない落とし穴もある科学の本質がかかわってくる。京都府警・科学捜査研究所の面々が、その科学の中枢部に立ち向かう。

 テレビドラマとどこが違うのかという指摘や疑問も分からないわけではない。映画ならではのスペクタクルや派手なアクションシーンがあるわけではない。ただ、いままさに現実に起こっているワクチン接種をめぐる副作用の問題などもテーマに重なってくるとなればどうだろうか。本作は科学の重要性を訴えている反面、エビデンスの立証の難しさなどにも果敢に突っ込んでいく。科学の両面性だ。そのセンシティブで先鋭的な内容は、映画だからこそ描くことができたともいえる。

■刑事映画=ドラマの歴史

 いまを写す作風が大きな魅力ながら、科学そのものを視野に入れると興味深いことも見えてきた。本作が、伝統的な刑事映画=ドラマの歴史をしっかりと受け継いでいることだ。刑事映画=ドラマの原点として知られる「警視庁物語」(東映、1956年~1964年)シリーズがある。多くの作品の冒頭で刑事らに交じって事件現場に姿を見せる白衣の男性は、警視庁に属すると見られる法医技師(作品によって銃器技師の場合もある)で被害者の鑑定にあたる。映画版「科捜研の女」は、「警視庁物語」では全くの脇の存在であった法医技師を、科捜研という組織のもとで主演に据えたと見ることができる。つまり、最近でいうところのちょっとしたスピンオフ的な作品になっているのである。

 もちろん「科捜研の女」は20年以上前にテレビドラマで始まっている。だからその時点でスピンオフであったともいえるのだが、20年以上の歳月を経て、東映マークのもと新たに映画として製作、公開されたことが重要だと考える。「警視庁物語」は、戦後進んだ科学的な捜査の導入がシリーズの見せ場のひとつになっていた。今回「科捜研の女」の映画化によって、科学という刑事映画=ドラマを貫く伝統的な一本の線がしっかりと引かれた。それが時を越えて一段と鮮明になったのである。

「警視庁物語」との共通点

 両者に他の共通点もある。「警視庁物語」は一人の“ヒーロー刑事”が活躍する捜査ものではない。警視庁捜査一課の主任を中心に、何人もの刑事たちが汗水たらして捜査に邁進する。テレビドラマの「科捜研の女」と同じく、映画版の「科捜研の女」もまた、チームの総合力が捜査を一歩一歩進め、犯人逮捕に至る。

 今回、沢口靖子扮するマリコの突進力が凄まじい。ほとんど無表情を崩さないマリコの迫力の前に、周りの者がほぼ何も言えない状態で協力していくのは、彼女を信じているからだ。それを可能しているのがマリコの飛び抜けた正義感、行動力だといっていい。

 地位の高さ、ヒーロー的な役割というより、彼女の人間力が周りを引っ張っていき、結果的にチーム力となる。刑事映画=ドラマの系譜は、チーム力を前面に出す作品も数多い。なかでも今回の映画版「科捜研の女」は、その大きな意味が画面全体に行き渡っていたと思う。

「警視庁物語」最終作から57年が経つ。繰り返すが、このとてつもない歳月を積み重ねながら、映画のひとつの伝統が引き継がれていることに素直に感動せざるをえない。ラストの落ちがまたいい。それは「映画の力」を信じる映画スタッフたちの心意気だろう。映画化されてよかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質