綾瀬はるかコロナ入院“上級国民”批判で…ホリプロが露呈した「危機管理能力」の低さ

公開日: 更新日:

「今回の件はまさに人災と言っても過言ではない。あらためてホリプロの危機管理能力の欠如を露呈してしまったのではないか」(民放関係者)

 女優の綾瀬はるか(36)がいわれなきバッシングにさらされている。騒動の発端は新型コロナウイルスに感染し、現在、「都内の大学病院に入院中」と公表されたことだった。現在は容体も安定し、快方に向かっているというのだが、綾瀬の入院が明らかにされた途端、ネット上では批判の声が殺到した。そのほとんどは、緊急入院が出来たことに対する綾瀬への不満、あるいは疑問の声だった。

「『なんで多くの人が死にそうでも入院できずにいて、自宅で亡くなる人が絶えないのに、スムーズに入院できるの?』『芸能人は上流国民ですか…』『いくら大金を支払ったの?』『有名人と一般人で明らかに命の選別をしている』などというものだった。事務所はこの種の書き込みに頭を悩ませているようです」(前出の民放関係者)

 今回、想定外のバッシングに驚いたのがテレビ局や広告代理店の関係者だという。

「ネット住民の意見は、誹謗中傷など酷いものもありますが、視聴率や商品の購買行動にも大きな影響があるので決してバカにはできない。今や一種の圧力団体に近いんです。それは不倫でいまだに復帰できない渡部建を見ても明らか。業界関係者がいくら復帰を目指して動いてもネット民がバッシングを繰り返すことでスポンサーが悲鳴を上げ、局がキャスティングを見送るからです。天下の綾瀬といえども、最悪の場合、渡部の二の舞いになりかねない危険性だってあるんです」(芸能プロ関係者)

 ドラマや映画界から引く手あまたの“国民的女優”綾瀬が契約しているCMは「ユニクロ」「日本コカ・コーラ」など計8社に上る。

「このまま今回のバッシングが続けば明らかに好感度は下がる。万が一、出演しているCMのスポンサーなどへの不買運動が始まれば契約更改にも影響しかねない。CMのギャラは1本3000万~5000万円、またはそれ以上、ドラマのギャラは1本250万以上とトップクラスですが、コロナ禍でどの企業もテレビ局も余裕はありませんから」(広告代理店幹部)

石原さとみコロナ感染時も対応は後手後手

 今回のネット民のバッシングはほとんど言いがかりだが、多くの国民がワクチン接種を受けたくても受けられず、連日、コロナの自宅療養者の死者数が発表されるなか、綾瀬の入院情報は即座に攻撃の対象になってしまった。

「とにかくホリプロの公表が遅いのが致命的だった。先月26日に陽性が判明した段階で発表していればこんなバッシングにはならなかったはず。即座に発表し、体調が悪くなったから入院と再度公表すればいいだけの話です。石原さとみのコロナ感染の時も対応は遅く、『女性セブン』で感染が報じられてからの発表でした。ドラマの情報公開やクランクインを控えているなど“大人の事情”があったとしても、これは明らかに業界関係者、ましてや所属タレントの信頼関係を損なうような失態です」(前出の民放関係者)

 多くの業界関係者と交わる有名女優ともなれば、感染拡大防止のためにも公表は必須だろう。ともあれ今は、綾瀬の回復を祈るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!