小澤征悦“ひとめぼれ婚” 桑子真帆アナの「過去のやんちゃ」が結婚の障壁にならなかったワケ

公開日: 更新日:

 NHK桑子真帆アナウンサー(34)が1日、19年から交際していた俳優の小澤征悦(47)と結婚した。2人は俳優・和田正人(42)とタレント・吉木りさ(34)の結婚式で出会い、小澤のひとめぼれで交際がスタート。小澤は初婚で、桑子アナは18年にフジテレビの谷岡真一アナ(34)と離婚し、2度目の結婚となる。

 2日、小澤は朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、桑子アナの実家を訪れた際、両親、祖母がいる前で婚約指輪を取り出し「僕と結婚してください」と、サプライズでプロポーズしたエピソードを明かした。

 47歳まで独身を貫いた小澤は、女優の杏(35)やフリーアナウンサーの滝川クリステル(43)と浮名を流したモテ男。これまでの交際相手とはタイプの違う桑子アナについて、「尊敬できるところ。俺とは対照的に地に足がついている。俺が船なら彼女はいかり。間違いなく僕が頼ってますね」とのろけた。

 だが、2人の交際は順風満帆だったわけではない。

 今年2月、写真週刊誌「FLASH」で、桑子アナの学生時代の“やんちゃぶり”が報じられた。東京外国語大学時代の同級生が、自身も含め3股をかけていたと、桑子アナの奔放な男性関係を暴露。小澤はかつてテレビで女性に品格を求めると語っていただけに、この報道による破局もささやかれた。だが、小澤の気持ちが揺らぐことはなかったという。

 夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんは、2人の結婚に至るまでをこう分析する。

「女性が男性遍歴を重ねるのは、単に性的欲求を求めて浮気を繰り返す男性の場合とは意味合いが違います。女性でセックス依存的なケースもありますが、優秀なオスを求めて男性との交際を重ねるケースがほとんどです。お金、ルックス、頭脳、家柄と、求められる優秀さは人によって異なりますが、出産や子育てを安全に守ってくれる男性というのが女性に通じる条件だと思います。多くの男性を知ったうえで自分が求める相手を選ぶ人も多く、桑子さんの場合も経験値を上げていくことで、自分にふさわしいパートナーにたどり着いたということでしょう」

 すべては、世界的指揮者を父に持つイケメン俳優にたどり着くまでの過程に過ぎなかったということか。小澤の父・征爾氏の86歳の誕生日を入籍日に選んだことは、小澤家に嫁ぐという桑子アナの決意の現れではないか、と池内さんは話す。

「桑子さんがバツイチで男性に奔放だったことが小澤さんの結婚の障壁にならなかったのは、小澤さんが海外での生活が長かったことも影響していると思います。向こうでは成熟した大人は多くの恋愛を経験し、王室であってもバツイチの女性と結婚してもなんらおかしなことではありませんから。小澤さんのベタ惚れぶりから、桑子さんは成熟した理想的な女性だったのではないでしょうか」(池内さん)

 2人の結びつきは、ちょっとやそっとで解けることはなさそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至