児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

映画「白頭山大噴火」が描いた危機 韓国人は北朝鮮の核の脅しには楽観的?

公開日: 更新日:

 韓国には南北統一省があるが、私はこれまで一度も本気で北朝鮮との統一を望んでいる韓国人に会ったことがない。皆、戦争はしたくない。だが、このまま統一せず、国交正常化したほうがいいという意見だった。

 理由は聞くまでもない。あまりに開きすぎた経済格差がネックだ。もしも今、北朝鮮が崩壊し、北から多くの難民がなだれ込んできたら、韓国は一体どうなるか。多くの韓国人が危惧しているのだ。

 27日から日本で公開される韓国映画「白頭山大噴火」は、その可能性がゼロでないことを感じさせる。映画では北朝鮮と中国の国境にそびえる白頭山(ペクトゥサン)の噴火により、北朝鮮が無政府状態に陥る。この噴火により朝鮮半島で大地震が起き、韓国でも街中のビルが倒壊。火災が起こり、ダムも決壊する。これ以上ないぐらいの惨事に見舞われ、人々は我先にと逃げ惑うのだ。

 次に起こるべく大噴火を止める手段として、韓国の特殊チームが北朝鮮の核施設に潜入。白頭山の地下奥深くで核兵器の利用を画策する。

 奇想天外なストーリーに思えるが、白頭山の大噴火は映画でなくとも実際に起こり得るという。今から1000年以上前に噴火しており、再び噴火しようものなら世界最大規模になるともいわれる。そうなった場合、日本にも火山灰が到達する可能性が高く、農作物はもちろん、広範囲で甚大な被害を被るだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質