細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

沢村忠は“時代の寵児”に…女王・美空ひばりとも親しく付き合うようになった

公開日: 更新日:

「真空飛び膝蹴り」で一躍“時代の寵児”となった沢村忠には、目まぐるしい数のオファーが舞い込んだ。映画、レコード、イベント、CM……。女王・美空ひばりとも親しく付き合うようになった。ひばりの実弟である歌手のかとう哲也と以前から友人だった関係である。テレビ出演も頻繁になったが、キックボクシング中継がTBS独占だったため、テレビ出演のほとんどがTBS。例外は「スター千一夜」(フジテレビ系)くらいなものだった。

 突然現れたスポーツ界のニューヒーローを他局が指をくわえて見過ごすはずがなかった。1969年秋の連続ドラマとして、フジテレビは石ノ森章太郎原作「フラワーアクション009ノ1」の制作を発表した。日本転覆を図る闇の組織に対し、日本防衛の使命を帯びた「ゼロゼロガールズ」が勇ましく立ち向かうという勧善懲悪もので、主演は金井克子、由美かおる、奈美悦子ら西野バレエ団のスターたちである。ここで彼女たちの相手役として、フジテレビが白羽の矢を立てたのが沢村忠だった。空前のキック人気に加え、俳優の前歴に着目してのことは言うまでもない。早速野口プロにオファーを出すと、OKの返事が来た。現役のプロ格闘家で連続ドラマに出演したのは、2002年に「はるちゃん6」(東海テレビ・フジテレビ系)に出演した魔裟斗が思い浮かぶが、当時では例のないことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか