碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

伊藤万理華がコメディエンヌ開眼!木ドラ「お耳に合いましたら。」(テレビ東京系)

公開日: 更新日:

 木ドラ24「お耳に合いましたら。」(テレビ東京系)の主演は、元乃木坂46の伊藤万理華だ。乃木坂時代の伊藤はダンスで頑張っていたが、このドラマでコメディエンヌ開眼かもしれない。それくらいハマり役だ。

 高村美園(伊藤)は、ポッドキャスト番組のパーソナリティーをしている。ネット上のラジオみたいな形で、個人が自由に発信できるのだ。漬物会社で働く美園だが、番組では大好きなチェーン店のグルメ、チェンメシについて語っている。

 自室に置いたマイクの前で、たとえばテークアウトした「富士そば」のコロッケそばや、「くら寿司」のあぶりチーズ豚カルビを食べながら、感想をまじえた怒涛の本音トークを繰り広げる。

 好きなものを、好きなだけ、好きなように語り、それを誰かが聴いていてくれる幸せ。人気が高まっている「音声コンテンツ」の魅力を、「映像コンテンツ」であるドラマで描く仕掛けが面白い。

 また先週は、同じ元乃木坂46の桜井玲香が、大学時代の親友・香澄役で登場したので、びっくり。3年前、自分も憧れていたラジオ局に香澄が就職し、美園は彼女と距離を置いてしまった。今回、再会した2人は、「ジョナサン」のフレンチフライトリュフ塩仕立てを食べながら和解していく。ちょっといい話だった。

 ちなみに美園のポッドキャスト番組は、「Spotify」で聴くことが可能だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由