テレ朝が「科捜研の女」劇場版を猛プッシュ! 怒涛のPR活動突入の舞台ウラ

公開日: 更新日:

 女優の沢口靖子(56)が都内で行われた主演映画「科捜研の女―劇場版―」(兼崎涼介監督、9月3日公開)の完成報告イベントに出席したのは11日のこと。「テレビドラマのスケールを大きくした世界観ができた」とアピールするなど自信のほどがうかがえた。

 16日からは関東ローカルながら、1999年の放送開始から過去に放送されたテレビシリーズ全254話から厳選された20作品が4週にわたって再放送に。さらにロート製薬など大手企業3社とコラボしたCMが放送され、大手そばチェーン・富士そばとのコラボメニュー「冷しカレーコロッケのおそば・おうどん」も発売中だ。

「ドラマ版の視聴率はそこまで高いわけではなかったが、テレ朝の上層部が映画化を猛プッシュ。宣伝担当は大忙しで企画をひねり出してます」(放送担当記者)

 現状、テレ朝で継続中のドラマシリーズが映画化されているのは「相棒」のみ。

「過去にテレ朝は米倉涼子主演の『交渉人』、内野聖陽主演の『臨場』のドラマ版が好評で映画化したが、いずれもコケてドラマの続編もなくなった。その失敗を繰り返したくないので、『科捜研』は怒涛のPRを展開しているようです」(前出の放送記者)

 テレ朝といえば、五輪中継の視聴率は絶好調だったが、五輪担当スタッフたちの“深夜飲食問題”で世間からは猛批判を浴びている。科捜研の女のヒットで一服の涼となるか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽